川原 礫著、abecイラスト「ソードアート・オンライン9 アリシゼーション・ビギニング 」レビュー★★★★☆

2019年5月7日

今回は川原 礫著、abecイラストの「ソードアート・オンライン (9) アリシゼーション・ビギニング (電撃文庫)」を読んだ感想についてご紹介いたします。



1.所感

今までの巻の感想はこちらです。
川原 礫著、abecイラスト「ソードアート・オンライン7 マザーズ・ロザリオ」感想★★★★☆
川原 礫著、abecイラスト「ソードアート・オンライン8 アーリー・アンド・レイト」レビュー★★★★☆

ついにSAOも新章突入です。
てかもうこの9巻数年前に発売されていますが。

今さら数年前に発売された9巻を取り上げて「新章突入」って言っても誰にとっても需要ないですね。
せめて最新刊のレビューを書くべきです。
毎度のことながら、過去の本を引っ張って来てレビューをすることに疑問を感じます。

この9巻では導入で結構びっくりしました。
なんだか序盤だけ読んでいるともどかしさを感じますね。
いつものキリトを見せてくれという思いです。

それにしても著者の発想力には驚かされます。
特に序盤でああいったストーリーを持っていき、後から伏線回収していくのを読んでいくと、その才能に畏怖を感じざるを得ません。

さらに、物語中盤の人工知能や脳についての深い解説にも驚きです。
著者の川原 礫さんかなり頭がいいことが分かります。

ブログを書いていてなんとなく分かりますが、こういった深い知識を読者に分かるように解説していくのは相当な技術が必要です。
キャラに説明するふりして読者にも説明する技術が必要ですからね。
私が普段ブログを書くのに必要な能力とは比べものにならないくらい能力が必要でしょう。

それに終盤も手に汗握る怒涛の展開です。
SAOの魅力は、終盤スカッとする結末になっていることですね。
さすがキリトくんです。

2.終わりに

今回は川原 礫著、abecイラストの「ソードアート・オンライン (9) アリシゼーション・ビギニング (電撃文庫)」についての書評を書かせていただきました。

ひたすら記事を書き続けてはいますが、いつかは作家のような文章力が身に着けられるのでしょうか。

このサイトとは別のサイトを運営していますが、双方合計して500記事以上書いています。
500記事以上書いても、いまだに作家レベルの文章力が身についている気がしません。

まぁたかが1年くらいでプロに匹敵する文章力が身につくことがおかしいのでしょうね。
もっと数十年単位で文章を書き続けることが必要なのかもしれません。

おすすめ度
★★★★☆

本を読み放題で読みたいならAmazon Unlimitedへの登録がおすすめです。
Amazon Unlimitedに登録するとAmazon Unlimited対象の本が月額なんと1000円以下で読めちゃいます。
Amazon Unlimitedは下記のリンクから登録できます。
最初の30日間は無料で体験できるのでぜひ試してみてください。
Kindle Unlimitedを無料体験

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログやTwitterでのシェアOKです。
コメントもお待ちしております。
誤植や勘違いなどございましたらコメント欄にて教えていただけると幸いです。