坂田 英治著、坂田 英明著「「乗り物酔い」撃退ブック」読んだ感想★★★☆☆

2019年5月7日

今回は坂田 英治著、坂田 英明著の「「乗り物酔い」撃退ブック―遠足も旅行もドライブも楽しくなる! (ビタミン文庫) 」を読んだ感想についてご紹介いたします。



1.所感

私は乗り物に酔いやすいです。
旅行好きなのにこれは致命的ですね。

飛行機に乗ると気持ち悪くなるので、海外にも行きづらいですね。
前はシンガポールという比較的近場の場所に行くのにめちゃくちゃ酔って死にそうになってました。
原因はあまり飛行機に乗る前にあまり食べ物をお腹に入れなかったせいなのがでかいと思っています。
ちゃんと調べて対策を練っていた方が良かったですね。

ジェットコースターも苦手です。
前ビッグサンダーマウンテンに乗ったとき気持ち悪くなりました。
左右に振られるのが苦手なようです。
スプラッシュマウンテンよりもビッグサンダーマウンテンの方が個人的に辛いですね。
男として情けないのでなんとかして克服しておきたいところです。

この本も述べていますが、結局乗り物酔いを克服するためには気合いと修行だと思っています。
乗り物酔いで気持ち悪くなることはあれど、死ぬことはありません。
気を強く持ち、乗り物に挑んでいきたいですね。

あとは個人的に思うことですが、どこでも寝れる技術を身に着けたいと思っています。
畢竟、移動時間に寝れてしまえば乗り物酔いに悩まされることもありません。
寝ていればいつの間にか目的地についているのです。

今後も研究し、この世の中を生きやすいように知識の土壌を作っていけたらなと思います。

2.終わりに

今回は坂田 英治著、坂田 英明著の「「乗り物酔い」撃退ブック―遠足も旅行もドライブも楽しくなる! (ビタミン文庫) 」についての書評を書かせていただきました。

私的ですが、まずは飛行機を克服したいです。
ヨーロッパに行ってみたいのですが、日本からはほぼ反対側なので莫大な移動時間がかかります。
飛行機で1時間乗るだけでも気持ち悪くなるのに、半日も乗ることになるのは嫌ですね。
まずは近場の韓国や台湾などから攻めて体と精神を慣らしていきたいです。

移動時間の他にも問題があります。
海外を一人で旅したいと思っていますが、孤独と戦わなければならないことです。
私は人生で安らぐ場所が多くないくせにホームシックになりやすいです。
なんとかして海外に一人放り出されても病まない精神を身に着けたいですね。
そのためにはまず効果はあるかは分からないですが、孤独にお金をひたすら稼ぐことから始めています。

たまに海外に行っても孤独をまったく感じない方がいますが、羨ましい限りです。
私もそんな風になりたいですね。

おすすめ度
★★★☆☆

本を読み放題で読みたいならAmazon Unlimitedへの登録がおすすめです。
Amazon Unlimitedに登録するとAmazon Unlimited対象の本が月額なんと1000円以下で読めちゃいます。
Amazon Unlimitedは下記のリンクから登録できます。
最初の30日間は無料で体験できるのでぜひ試してみてください。
Kindle Unlimitedを無料体験

最後までお読みいただきありがとうございます。
よろしければブログやTwitterでのシェアをお願いいたします。
コメントもお待ちしております。






生理

Posted by ちこ