きのこる先生のエンジニア転職指南!読んだ感想!SIerよりWeb系のが良い?

2019年1月26日

今回は@ITというサイトの「きのこる先生のエンジニア転職指南」というカテゴリの記事を読んだ感想についてご紹介いたします。

きのこる先生のエンジニア転職指南



1.所感

このカテゴリの記事は主にSIer業界からWeb業界に転職を考えている方向けです。

私は「どうせ入ってみないと分からないしどこの会社に行っても一緒だろう。」という思いから、大学4年の9月から適当に就活をして適当にその中で一番良さそうな会社を選びました。

そんな私が宣言いたしましょう。
就活で適当な会社に就職を決めるのはよくないです。(当たり前ですね。)

9月からの就活について言いたいことは色々ありますが、ただの悪口になっちゃうのでここでは辞めます。
私だけのせいかもしれませんが。

私はIT業界と広告業界で迷い、なんとなく今までITをやってきたのでIT業界を選びました。
これは非常に良い選択でしたね。おかげさまで今はのびのびとITフリーランスをやれてます。

しかしその入ったIT系の会社がSIerだったのです。
もし強くてニューゲームができたのならWeb系を選んでました。
一時期ぶっちゃけめっちゃ後悔しましたね。

今はSI業界からWeb業界に転職する流れが来ているようですね。
SI業界よりもWeb業界の方が人気のようですね。知りませんでした。
人気の秘密はWeb業界の方が最新技術を学べる上にプログラミングの楽しさを感じやすいそうです。

一方、こうも思います。
結局SI業界とWeb業界、どちらの業界も選んでも得られる全体の知識量は変わりません。

確かにWeb業界の方が純粋なプログラミング能力は向上しやすいです。
でもSI業界は金融系なら金融系の知識、流通系なら流通系などの業務知識がより深く学べます。
しかもSI業界の方がPMなどの管理職の経験もつきやすいのではないでしょうか。

私は技術系よりはコンサルなどの管理職の方が性に合っている気がします。
今となってはSIerも良いですね。昔は後悔していましたが今は後悔はありません。

まぁIT業界に就活や転職を考える方に一つ言えることがあります。
業界研究はきちんとしましょう。
でないと私のように後悔に苛まれ、死ぬような思いをすることでしょう。

2.終わりに

今回は@ITというサイトの「きのこる先生のエンジニア転職指南」というカテゴリの記事を読んだ感想についてお伝えいたしました。

他の業界はどうなのかは分かりませんが、IT業界はかなり業務が細分化されるように思います。

「この業務をやれる会社を選んだけど私が本当にやりたいのはこっちだった」と後悔したという話もよく聞きます。

自分が何をやりたいかを明確にし、後悔のない選択をするように心がけましょう。

最後までお読みいただきありがとうございます。
よろしければブログやTwitterでのシェアをお願いいたします。
コメントもお待ちしております。






IT

Posted by ちこ