Android技術者認定試験の種類や難易度は?

2019年4月20日

Android技術者認定試験制度には、アプリケーション技術者認定試験とプラットフォーム技術者認定試験の2種類があります。

Androidを使ったアプリを開発することに役立てたい場合は「アプリケーション技術者認定試験」、Androidのオープンソース開発に携わりたい場合は「プラットフォーム技術者認定試験」を受けるとよいでしょう。

この資格はAndroid技術者をはじめ、Java、Webアプリ、iPhoneアプリ、モバイル開発者といった仕事に従事する人を対象としています。

資格に挑戦することで、Android関連のスキルを証明するためだけでなく、組込み技術者としてのスキルチェックを行うこともできます。

アプリケーション技術者認定試験、プラットフォーム技術者認定試験はベーシックとプロフェッショナルの2つの難易度が設定されているはずですが、まだプロフェッショナルは共に用意されていないようです。

なお、不合格になった場合は不合格になってから一ヶ月を過ぎないと再度受験することができません。
再受験したい場合は一ヶ月を過ぎてからまた申し込みしましょう。



1.Androidアプリケーション技術者認定試験ベーシック

Androidアプリケーション技術者認定試験ベーシックの概要とは?

Androidアプリケーション技術者認定試験ベーシックに合格することで、Androidアプリケーション開発に必要なスキルを習得していることを証明できます。

受験料
15750円(税込み)

試験時間
90分(アンケート含む)

出題数
70問

合格基準
70%

2.Androidプラットフォーム技術者認定試験ベーシック

Androidプラットフォーム技術者認定試験ベーシックの概要とは?

市場からの期待も高いですが、Androidの市場の拡大と共にAndroid技術者の不足が懸念されています。

Androidプラットフォーム技術者認定試験ベーシックに合格することで、Androidアプリケーション開発に必要なスキルを習得していることを証明できます。

受験料
15750円(税込み)

試験時間
90分(アンケート含む)

出題数
70問

合格基準
70%

3.終わりに

今回はAndroid技術者の資格の種類についてご紹介いたしました。

これらの資格を取得することで、仕事や趣味としてのプログラミングの選択肢が広がります。

Javaを他の方面から極めたい方、または自作のアプリを作ってみたい方にとっては最適な資格と言えるでしょう。

特にAndroidプラットフォーム技術者認定試験ベーシックは合格者の情報が圧倒的に不足しているので受験する際には注意が必要です。
情報が出そろうまで受験せずに待ちに回るというのも一つの手ではないでしょうか。

ITエンジニアにおすすめの資格はこちらに書きました。
ITエンジニアにおすすめの資格3選

また、IT業界においての資格の価値についてはこちらの記事にまとめましたのでよろしければぜひご一読ください。
IT業界の資格の位置付けとは?

※ご紹介している参考書、問題集のバージョンは執筆当時のものです。
新しいバージョンの参考書、問題集が発行されていないか今一度Amazon等でご確認ください。

私が今までに取得した資格の一覧はこちらになります。
取得済資格一覧

最後までお読みいただきありがとうございます。
よろしければブログやTwitterでのシェアをお願いいたします。
コメントもお待ちしております。






IT

Posted by ちこ