Javaの資格の中で最高難易度のOracle Java Gold試験の概要とは?

2019年6月25日

プログラミング言語の中でJavaは圧倒的に人気な言語です。

特に最近ではIT業界は人材不足といわれており、Javaができることで仕事に困ることが少なくなります。

その中でもこのJavaの資格の中で最高難易度のOracle Java Gold試験に合格することで、フリーランスの方が仕事を選ぶ際や転職のときに良いアピールとなります。

今回はそんな資格として良いアピールとなるOracle Java Silver試験の概要についてお伝えいたします。



1.Oracle Java Goldとは?

GoldはOracleが提供するJavaの中で最も難易度が高い資格です。

Goldを所有することでJavaにおいて設計者の意図を正しく理解して独力で機能実装が行えることを証明できます。

ここまで来ると資格としての効力は高く、Javaに精通していることをアピールできるため、取得しておいて損は無いです。

しかし業務では使わないようなメソッドを使った問題が出題されたりと、内容が専門的すぎるため、Javaの開発経験がないと資格勉強がほぼ暗記になってしまいます。

よってJavaの開発経験を重ねてからこのGold試験に挑戦しても十分遅くはないです。

こちらもおすすめの参考書等含めて体験記を書かせていただいたので、時間があれば見ていただけるとうれしいです。
Java SE 8 Gold合格体験記

受験料
28728円(税込み)

試験時間
150分

出題数
90問

合格基準
65%

2.Oracle Java Goldの難易度は?

Javaの資格で最高難易度ということもあり、相当難しいです。

普段Javaを使った仕事をしている人も、業務では使わないようなメソッドを使うのできちんと参考書を精読したり問題集をこなさないと間違いなく落ちるでしょう。

勉強時間としてはプログラミング経験者で30~50時間の勉強が必要なようです。

なお、SilverやBronzeと同様に、Gold試験にも引っ掛け問題が多く出題されています。
出題者の性格が現れていますね。

3.Oracle Java Goldの勉強方法は?

やはりOracle Java Goldの試験勉強をするならこちらの黒本でしょう。

本番とそっくりな問題が出るため、より実践的な問題練習がこなせます。

参考書としてはこちらの紫本が良いです。

ネットの合格体験談を見る限り、使っている方が結構いるのでおすすめできます。

また、問題練習をこなしたい方はこちらの白本をやるとよいでしょう。

SilverやBronzeと同様、Goldも 黒本 > 紫本 > 白本 の順でおすすめです。

4.終わりに

今回はOracle Java Gold試験の概要についてお伝えいたしました。

GoldはJavaの資格の中で最高難易度のため、確かに内容としては難しいですが、それに見合うだけの価値があります。

みなさんもここで書いたことを参考に、JavaのGold試験に挑戦してみてください。

Oracle Javaの資格の種類とそれぞれの特徴につきましてはこちらの記事にまとめております。
プログラマーなら取っておくべきOracle Javaの資格とは?

ブロンズ、シルバーにご興味がある方はこちらの記事をご覧ください。
Oracle Java Bronze試験の概要とは?
Oracle Java Silver試験の概要とは?

このJavaの資格はOracle社が提供するものですが、Oracleが提供する資格の受験方法につきましてはこちらの記事にまとめております。
Oracle認定資格の受験方法

さらに、申し込み時の注意点はこちらにまとめました。
Oracle認定試験を申し込むときの注意点とは?

受験時の注意点はこちらにまとめております。
Oracle認定試験受験当日の持ち物や注意したい点とは?

ITエンジニアにおすすめの資格はこちらに書きました。
ITエンジニアにおすすめの資格3選

また、IT業界においての資格の価値についてはこちらの記事にまとめましたのでよろしければぜひご一読ください。
IT業界の資格の位置付けとは?

私がおすすめする勉強法はこちらでご紹介してます。
おすすめ勉強法ベスト3

最後までお読みいただきありがとうございます。
よろしければブログやTwitterでのシェアをお願いいたします。
コメントもお待ちしております。






IT

Posted by ちこ