朝シャンのデメリットとは?朝にシャワーを浴びると禿げる!?

2019年1月26日

「朝シャン」というのをご存知でしょうか?
朝シャンというのはその名の通り朝にシャンプーをすることです。
1987年にCMで放送され、朝シャンが流行語大賞になりました。

朝シャンによって寝汗や寝ぐせを解消させることができ、スッキリとした一日を始めることができます。
しかし朝シャンによるメリットは多いですが実は無視できないデメリットも多いのです。
今回は朝シャンによるデメリットをお伝えしていこうと思います。



1.薄毛の原因となる

朝シャンのデメリットと聞いてこれを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?

朝シャンする方の多くは朝にシャンプーするからといって夜のシャンプーを省く方が多いと思います。
髪は基本的に夜成長するものですが、毛穴に汚れが詰まっていると成長の妨げとなり、頭皮や髪に悪影響を及ぼすのです。

髪が成長できないことで結果的に薄毛に繋がってしまいます。
夜きっちりシャンプーすることで毛穴に詰まった汚れを落としていきましょう。

ちなみに夜の22時から2時の間はゴールデンタイムと呼ばれており、成長ホルモンが最も多く分泌される時間帯です。
22時までに毛穴の汚れをしっかり落とし、就寝に入りたいですね。

また、寝ているときに頭皮に皮脂が分泌されます。
この皮脂は適度に取り除く必要がありますが、全部取り除いてしまうのも問題です。

皮脂には紫外線やごみから頭皮を守る役割がありますが、朝シャンによって皮脂をすべて取り除いてしまうと頭皮に紫外線やごみなどによるダメージを直接与えてしまうことになります。
この紫外線やごみなどによる頭皮へのダメージも薄毛の原因となり得るのです。

2.髪や頭皮に非常に負担がかかる

薄毛の原因ともなりますが、朝シャンをすることで髪や頭皮に負担をかけてしまいます。

朝はバタバタして時間がないですよね?
出社する時間から逆算して出社までに準備が終わるぎりぎりまで寝ていたいという方が多いのではないかと思います。

そんな中朝シャンする時間を捻出しても、充分なすすぎが出来ていなかったり洗い残しがあったりしてしまいます。
頭皮が洗い残しの状態に皮脂や汗が加わると菌やダニが繁殖しやすくなり、においやかゆみなどの症状が現れてしまうのです。
髪を清潔にするためにシャンプーを使っているのにこれでは本末転倒ですね。

それに加え、朝は毛穴が開いた状態です。
その状態の時に洗浄力の強い成分が入ったシャンプーを使用してしまうと毛穴に与えるダメージがより大きくなってしまいます。

3.終わりに

今回は朝シャンによるデメリットについてご紹介いたしました。

朝と夜2回シャンプーすることも考えられますが、一日に何回もシャンプーして必要以上に皮脂を落としてしまうと、乾燥肌になるリスクもあります。
前述した通り皮脂は紫外線やごみから頭皮を守る役割があるので、皮脂がなくなってしまうと肌の免疫力が低下してしまうのです。

特に男性の方は気にするかと思いますが薄毛にはなりたくないですよね。
朝シャンを実践するときにはメリットだけでなくこれらのデメリットも頭に入れておきましょう。

最後までお読みいただきありがとうございます。
よろしければブログやTwitterでのシェアをお願いいたします。
コメントもお待ちしております。
誤植や勘違いなどございましたらコメント欄にて教えていただけると幸いです。






入浴

Posted by ちこ