集中力を高める色とは?

2019年4月11日

色には人の行動や心理に影響を与える力がありますが、中には集中力を高める色というのが存在します。

集中力を高める色を上手に取り入れることで、勉強の効率アップが期待できます。

今回は集中力が上昇する色について取り上げてみたいと思います。



1.青色の効果とは?

集中力を最も高める色は青色です。

青色は副交感神経を刺激する色であり、精神的にも落ち着くことができるので、集中するのに良い色とされています。

部屋のベースは白が一番良いとされていますが、カーテンやクッション、小物などに、青色をはじめとした青緑や水色などの寒色系統の色を取り入れると集中力の上昇が期待できます。

特に勉強で書く作業をするときには、青のインクのボールペンを使うと勉強の効率が跳ね上がります。

暗記するために書きまくる勉強をするのであれば、青のボールペンは絶大な効果を発揮するのでぜひ使いたいところです。
青のボールペンで書きまくる勉強の効果は、こちらの記事でまとめてあります。
青ペン勉強法とは?

また、青には精神をリラックスさせる働きがあるので、集中力アップの時だけでなく、何となく疲れていたり落ち込んでいるときも役に立ちます。
青空や海を見ると体も心もリラックスできますよね。

ただし、青色は刺激が少なく、脈拍をゆっくりさせる効果があるため、ずっと使い続けると勉強のやる気が落ちてきてしまったり眠くなってしまうことがあります。

小物などは青一色で統一するのではなく、別の色も組み合わせるようにしましょう。

2.黄色の効果とは?

黄色には脳の働きを活性化させ、意欲を高める効果があります。

黄色は脳を興奮させる色です。
やる気を出したいときや、やる気を維持したいときに黄色が役に立ちます。

また、黄色は人に喜びを与える色とも言われているそうです。

特に黄色は、試験に向けてやる気を出して計画通りに勉強したいときに役に立ちます。

ただし、黄色は使いすぎると不安が強くなり落ち着かなくなることがあるため、小物に少し黄色を取り入れるくらいがちょうど良いです。

3.緑やダークブラウンも効果的!

沈静作用やリラックス効果のある緑やダークブラウンなどの暖色系低彩度色も集中力を高めるのに効果的です。

特に、緑やダークブラウンが含まれている観葉植物を身の回りに置くと良いとされています。

植物という観点からもリラックス効果が望める上に、眼精疲労の解消にも効果があるそうです。

4.終わりに

今回は勉強に集中できる色についてまとめました。

集中できる色なんて存在するんですね。

勉強に集中できないときは周りの環境を見直し、インテリアや小物に青や黄色のものを取り入れ、勉強に最適な環境作りを心掛けてみましょう。

私がおすすめする勉強法ランキングベスト3をこちらに書きました。
よろしければぜひお読みください。
おすすめ勉強法ベスト3

最後までお読みいただきありがとうございます。
よろしければブログやTwitterでのシェアをお願いいたします。
コメントもお待ちしております。
誤植や勘違いなどございましたらコメント欄にて教えていただけると幸いです。