「コルク狩り」という言葉の意味とは?なぜコルク狩りが起こるのか?

今回は「コルク狩り」という言葉の意味とはなんなのか、なぜコルク狩りが起こるのかについてご紹介いたします。



「コルク狩り」という言葉の意味とは?なぜコルク狩りが起こるのか?

「コルク狩り」という言葉の意味とは?なぜコルク狩りが起こるのか?

結論から言うと「コルク狩り」というのは、コルク半というクッションにコルクなどを使用した半キャップ型のヘルメットがあり、それを強奪することを言います。

なぜコルク半のヘルメットが強奪されることがあるのかというと、「いきがっている」とみなされるからです。

コルク半のツバ付き半キャップは暴走族のイメージがあり、縄張り争いなどにも使われることから、一般の人や少人数だったりあまり強くなさそうな人がコルク半をかぶっていると「いきがっている」「態度が大きそうに見える」と因縁をつけられ、「コルク狩り」が起こるようです。

1970年代頃からツバ付き半キャップは暴走族のイメージがあり、2023年も一部の界隈ではそのイメージが変わらず当時と同じような「コルク狩り」が行われるようです。

終わりに

今回は「コルク狩り」という言葉の意味とはなんなのか、なぜコルク狩りが起こるのかについてご紹介いたしました。

最後までお読みいただきありがとうございます。
よろしければブログやTwitterでのシェアをお願いしております。
コメントもお待ちしております。
誤植や勘違いなどございましたらコメント欄にて教えていただけると幸いです。

Youtubeチャンネル開設いたしました。
チャンネル登録者1000人を目指しているので、良いと思った方はチャンネル登録をお願いしたいです。
https://www.youtube.com/channel/UC219XhmSRxmXltTy6COxSMw






言葉の意味

Posted by ちこ