【ConcurrentLogHandler】ConcurrentRotatingFileHandlerをsettings.pyに書くサンプルコード

2021年12月7日

今回はサードパーティ製のライブラリである、ConcurrentRotatingFileHandlerをDjangoを使っているときにsettings.pyに書くときのサンプルコードについてご紹介いたします。

PythonのライブラリとしてConcurrentLogHandlerとconcurrent-log-handlerが存在します。
2021年12月現在、concurrent-log-handlerのみサポートしているので、concurrent-log-handlerを使うことを推奨いたします。
ここでご紹介するのはConcurrentLogHandlerを使った場合のサンプルです。

ConcurrentLogHandlerではなくconcurrent-log-handlerを使った場合のsettings.pyにセットする方法は下記となります。
【concurrent-log-handler】ConcurrentRotatingFileHandlerをsettings.pyに書くサンプルコード



【ConcurrentLogHandler】ConcurrentRotatingFileHandlerをsettings.pyに書くときのサンプルコード

先にサンプルコードを書きます。

maxBytesはログローテーションを行うときのファイルの最大サイズです。これを指定しなければデフォルトで0になってしまうと思います。

backupCountはログローテーションを行うときのファイルの数ですね。こちらもデフォルトで0です。

ひとまず上記のようにmaxBytesとbackupCountを指定してやれば、

などでsettings.pyにセットしたLOGGINGの情報が取得できると思います。

終わりに

今回はサードパーティ製のライブラリである、ConcurrentRotatingFileHandlerをDjangoを使っているときにsettings.pyに書くときのサンプルコードについてご紹介いたしました。

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログやTwitterでのシェアOKです。
コメントもお待ちしております。
誤植や勘違いなどございましたらコメント欄にて教えていただけると幸いです。

Youtubeチャンネル開設いたしました。
よろしければチャンネル登録お願いいたします。
https://www.youtube.com/channel/UC219XhmSRxmXltTy6COxSMw






Django

Posted by ちこ