【concurrent-log-handler】ConcurrentRotatingFileHandlerをsettings.pyに書くサンプルコード

今回はサードパーティ製のライブラリである、concurrent-log-handlerをDjangoを使っているときにsettings.pyに書く際のサンプルコードについてご紹介いたします。

PythonのライブラリとしてConcurrentLogHandlerとconcurrent-log-handlerが存在します。
2021年12月現在、concurrent-log-handlerのみサポートしているので、ここでご紹介するconcurrent-log-handlerを使うことを推奨いたします。



【concurrent-log-handler】ConcurrentRotatingFileHandlerをsettings.pyに書くサンプルコード

先にサンプルコードをご紹介いたします。

maxBytesはログローテーションを行うときのファイルの最大サイズです。これを指定しなければデフォルトで0になってしまうと思います。

backupCountはログローテーションを行うときのファイルの数です。こちらもデフォルトで0です。

ひとまず上記のようにmaxBytesとbackupCountを指定してやれば、

などでsettings.pyにセットしたLOGGINGの情報が取得できると思います。

旧ライブラリのConcurrentLogHandlerとの違いはclassの指定時のインポートの場所が少し異なることしかありません。

終わりに

今回はサードパーティ製のライブラリである、concurrent-log-handlerをDjangoを使っているときにsettings.pyに書く際のサンプルコードについてご紹介いたしました。

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログやTwitterでのシェアOKです。
コメントもお待ちしております。
誤植や勘違いなどございましたらコメント欄にて教えていただけると幸いです。






Django

Posted by ちこ