DjangoのQuerySetのannotateでは足し算引き算が定義できる

今回はDjangoのQuerySetのannotateでは足し算引き算が定義できるというお話をしていきます。



DjangoのQuerySetのannotateでは足し算引き算が定義できる

例として、次のAuthorとBookのモデルがあるとします。

データは次のようなデータがあるとします。

集計処理の関数であるannotateを使って次のように書くことができます。
Authorモデルに対して、1対多の外部キーであるBookモデルの数に100を足しています。

ORMからSQLに変換するときに、算術で定義できる箇所があれば足し算引き算を使って定義できるみたいです。

終わりに

今回はDjangoのQuerySetのannotateでは足し算引き算が定義できるというお話をいたしました。

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログやTwitterでのシェアOKです。
コメントもお待ちしております。
誤植や勘違いなどございましたらコメント欄にて教えていただけると幸いです。






Django

Posted by ちこ