DjangoでX-SMTPAPIヘッダを使用してSendGridでメール送信を行うサンプルコード

今回はDjangoでX-SMTPAPIヘッダを使用してSendGridでメール送信を行うサンプルコードをご紹介いたします。

X-SMTPAPIヘッダをつけるにあたり、smtpapiというライブラリを使用しております。



DjangoでX-SMTPAPIヘッダを使用してSendGridでメール送信を行うサンプルコード

DjangoでX-SMTPAPIヘッダをつけてメール送信を行う一番手軽な方法は、EmailMessageという関数を使うことです。

まずはサンプルコードを見てみましょう。

SMTPAPIHeaderを利用して、EmailMessageのheadersにX-SMTPAPIのkeyとしてセットします。

他の記事を見てみるとsmtpapi-pythonやsendgrid-pythonを使わないとできないと書かれていたりしますが、Djnagoに備わっているEmailMessageを使うことで、headersをつけてメール送信を行うことが可能です。

終わりに

今回はDjangoでX-SMTPAPIヘッダを使用してSendGridでメール送信を行うサンプルコードをご紹介いたしました。

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログやTwitterでのシェアOKです。
コメントもお待ちしております。
誤植や勘違いなどございましたらコメント欄にて教えていただけると幸いです。






Django

Posted by ちこ