DjangoのmodelのDurationField()に0を簡単に代入する方法

今回はDjangoのmodelのDurationField()に0を簡単に代入する方法についてご紹介いたします。



DjangoのmodelのDurationField()に0を簡単に代入する方法

例えばDjangoのTestModelにtest_durationというDateTimeField()という定義したものがあったとします。

このtest_durationに
test_duration = 0
のように普通に0を代入しようとすると「AttributeError: ‘int’ object has no attribute ‘days’」というエラーが出てしまいます。

解決策としては、timedelta()を使うようにしましょう。
timedelta()の初期値は0なので、

のようにすればmodels.DurationField()に初期値として0を代入することができます。

ぜひ覚えておきましょう。

終わりに

今回はDjangoのmodelのDurationField()に0を簡単に代入する方法についてご紹介いたしました。

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログやTwitterでのシェアOKです。
コメントもお待ちしております。
誤植や勘違いなどございましたらコメント欄にて教えていただけると幸いです。






Django

Posted by ちこ