Laravelでモデルの属性を削除したいとき

今回はLaravelでモデルの属性を削除したいときどのようにすれば良いのかについてご紹介いたします。



Laravelでモデルの属性を削除したいとき

私の調べ方が間違っていたパターンです。
表題のようなタイトルを持つ記事を調べるために「Laravel モデル 属性 削除」でGoogle検索をかけたのですが、見つけることができなかったので一旦こちらに書きたいと思います。

やりたいことは、Qiitaの下記記事と全く同じです。
https://qiita.com/rorensu2236/items/e3e5b21209eb1f830f79
「Laravel モデル 属性 削除」ではなく「Laravel カラム 削除」などで検索すればヒットしますね。

正直、上記リンクの記事が私の伝えたかったことであり、この記事の結論となります。

一般的にはupの関数にテーブルの属性を定義し、downの関数にdropColumnで属性を削除するのですが、Laravelでモデルの属性を削除したいときはその逆で、upの関数にdropColumnを定義して、downの関数にテーブルの属性を定義するのですね。

これにより、migrateやrollbackがうまくいきます。

ぜひお試しください。

終わりに

今回はLaravelでモデルの属性を削除したいときどのようにすれば良いのかについてご紹介いたしました。

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログやTwitterでのシェアOKです。
コメントもお待ちしております。
誤植や勘違いなどございましたらコメント欄にて教えていただけると幸いです。






Laravel

Posted by ちこ