MacでAtomを使用するときはアプリケーションフォルダにないと自動アップデートされない

今回はMacでAtomを使用するときはアプリケーションフォルダにないと自動アップデートされないという話についてしていきます。

そこまでニーズのある話ではないです。



MacでAtomを使用するときはアプリケーションフォルダにないと自動アップデートされない

MacでAtomを使用するときはアプリケーションフォルダにないと自動アップデートされない

表題の通りです。

私はAtomを約一年前にインストールして、一時期使わなくなったのですが、最近になってAtomをまた使うようになりました。
最近Atomを使っているものの、ちょくちょく強制終了になったり、ローディングがいつまでも終わらなかったりする障害が発生していました。

そして今日、Atomの自動アップデートがONになっているものの、自動でアップデートされていないことに気付きました。

どうやらAtomをインストールしてアプリケーションフォルダに入れたつもりが、ダウンロードフォルダに入ったままになっていたようです。
ダウンロードフォルダに入っていると、アップデートをするときに権限によってアップデートできないという事象が発生するようですね。

Atomに限らず、アプリケーションフォルダに入れずにダウンロードフォルダにappを入れたままにしておくと、不具合が発生する場合があります。
Macで何かしらのアプリケーションをインストールした場合は、ダウンロードフォルダに入れたまま放置せずに、アプリケーションフォルダに入れることを忘れないようにしたいです。

終わりに

今回はMacでAtomを使用するときはアプリケーションフォルダにないと自動アップデートされないという話をさせていただきました。

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログやTwitterでのシェアOKです。
コメントもお待ちしております。
誤植や勘違いなどございましたらコメント欄にて教えていただけると幸いです。






IT技術

Posted by ちこ