fractionとfragmentの意味の違いとは?

fractionとfragmentの意味を調べると、どちらも「破片、断片」などと言った意味が出てきます。
ではfractionとfragment、まったく同じように使っていいのかというと、そういうわけでもないようです。

今回はfractionとfragmentの違いについてご説明いたします。



fractionとfragmentの違いとは?

まずweblio英和辞典でfractionとfragment、それぞれの意味を確認してみましょう。

fractionは

破片、断片、小部分、ほんの少し、少量、わずか、分数、端数

fragmentは

破片、断片、かけら、断章、未完遺稿、残存断片物

と出てきます。

これを見る限りでは、どちらも同じ意味のように思えますよね。

しかし、厳密にはfragmentは壊れた一部分や取り外された部分を指し、fractionは全体の一部分を指すそうです。
下に例としてドーナツの絵を描きました。(分かりにくかったらすみません。)
fractionとfragmentの意味の違いとは?

左のドーナツから切り離された一部分の断片をfragment、右のドーナツの一部分をfractionと言うそうです。

また、fragmentとfractionは抽象的な意味で使われる場合がありますが、fragmentよりもfractionの方がより細かく、より小さい意味で使われることがあるようですね。

用例としてはfragmentは
fragment of an ancient writing(古代の書き物の断片)

fractionは
data of fraction(データの一部)

などがあるようです。

拙い文章と落書きみたいな絵ですが、理解の助けとなったでしょうか。

終わりに

今回はfractionとfragmentの意味の違いについてご説明いたしました。

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログやTwitterでのシェアOKです。
コメントもお待ちしております。
誤植や勘違いなどございましたらコメント欄にて教えていただけると幸いです。