川原 礫著、abecイラスト「ソードアート・オンライン10 アリシゼーション・ビギニング 」レビュー★★★☆☆

2019年5月7日

今回は川原 礫著、abecイラストの「ソードアート・オンライン 10 アリシゼーション・ビギニング (電撃文庫)」を読んだ感想についてご紹介いたします。



1.所感

今までの巻の感想はこちらです。
川原 礫著、abecイラスト「ソードアート・オンライン7 マザーズ・ロザリオ」感想★★★★☆
川原 礫著、abecイラスト「ソードアート・オンライン8 アーリー・アンド・レイト」レビュー★★★★☆
川原 礫著、abecイラスト「ソードアート・オンライン9 アリシゼーション・ビギニング 」レビュー★★★★☆

↑そろそろこの誰かリンクを踏んでくれないかなと思いつつ文字数を稼ぐ行為、浅はかすぎるので止めるのを検討しています。

SAO10巻です。
長いと噂のアリシゼーション・ビギニング編ですね。

そういえばアニメ版のSAOの1期と2期を観たのですが、映画版はまだ観ていません。
映画版SAOは確かアリシゼーション・ビギニング編だったと記憶しています。
とりあえず小説版のアリシゼーション・ビギニングを読み終えてから映画を観てみたいですね。
結構ライトノベルを読むより先にアニメを観ることが多いのですが、たまにはライトノベルから先に読むのもありかと思います。
「ああ、アニメ版ではここをカットしちゃうのか」と勉強になりそうです。
自分が何を目指しているのか定まっていませんが。

この巻からどんどんアンダーワールドについての伏線を回収すると同時に、どんどん謎を深まらせていきます。

前半は良かったです。
作中で定義した科学的・政治的根拠に基づき、アンダーワールドの世界が説明されています。
理系の私としては説明的なものでも、こういう科学が交わる話を読んでいるとワクワクしますね。

ただし、後半はやや腑に落ちない部分があります。
なんでしょう。テンポが悪いのでしょうか。
納得できない理由が説明できません。
おそらく普通の人ならば前半部分よりも後半部分の方が面白いと感じるはずです。
うまく説明できないのがもどかしいです。
完全な語彙力不足ですね。

2.終わりに

今回は川原 礫著、abecイラストの「ソードアート・オンライン 10 アリシゼーション・ビギニング (電撃文庫)」についての書評を書かせていただきました。

作品とは直接関係ないですが、著者があとがきで「インプット量が減れば当然アウトプット量も減ってしまう」と述べていました。
SAOの超売れっ子作家でもインプットが大切だと言っています。
私はまだまだインプット量が足りません。
これからもいろんなことに挑戦していきたいです。

おすすめ度
★★★☆☆

本を読み放題で読みたいならAmazon Unlimitedへの登録がおすすめです。
Amazon Unlimitedに登録するとAmazon Unlimited対象の本が月額なんと1000円以下で読めちゃいます。
Amazon Unlimitedは下記のリンクから登録できます。
最初の30日間は無料で体験できるのでぜひ試してみてください。
Kindle Unlimitedを無料体験

最後までお読みいただきありがとうございます。
よろしければブログやTwitterでのシェアをお願いいたします。
コメントもお待ちしております。