タイピングを速くする方法とは?タイピング力を上げるには○○○を始めよう!

2019年7月15日

タイピングが速いとパソコン作業が捗りますよね。

仕事などでタイピングが速い人はあこがれの対象になりがちです。
タイピングが速いだけでも「この人は仕事ができる」と思ってしまうこともあるのではないでしょうか。

パソコン検定などの一部の資格試験においても、タイピングの速度と正確さを計る課題があります。
タイピングが速くなることによって損はないでしょう。

今回はそんなタイピングを速くする方法をお教えしたいと思います。



1.ホームポジションを意識する

キーボードのホームポジションが与えられている理由は二つあります。

理由の一つは、一つ一つの指をそれぞれのキーまでに最短距離で運べることです。

最初の内はホームポジションに慣れるまで時間がかかるかもしれませんが、いったん慣れてしまえばホームポジションを意識する前の指の配置よりも格段にタイピングが速くなるはずです。

しかしたまにホームポジションを意識せず、両手のそれぞれの人差し指しか使わないのにタイピングが速い方がいますよね。
youtubeなどでもそういった人差し指しか使わないのにタイピングが速い方が一定数います。

確かに特定の指しか使わなかったり、オリジナルのホームポジションでタイピングがそこそこ速い方もいるでしょう。
ただし、その方たちは特定の指を酷使しがちです。

特定の指を使いすぎるので、一時的にはタイピングが速くても、パソコンに向かう時間が長ければ長いほどに指が疲れタイピングが目に見えて遅くなっていきます。
場合によっては手を酷使しすぎて腱鞘炎などを患ってしまうことも考えられます。

したがって、「キーまでに最短距離で指を運べる」、「指が疲れづらい」という理由で、ホームポジションを意識したほうが良いのです。

2.タイピングゲーム

この方法はよく聞くかもしれません。
パソコン教室などでもタイピングを速くする方法として「タイピングゲームを行う」ということを教わるのではないでしょうか。

タイピングゲームはいろいろな種類についてWEB上で無料で遊ぶことができます。

私がおすすめするのは「e-typing」と「寿司打」です。
e-typing
寿司打

タイピングゲームとしては、「北斗の拳」とコラボしたものもあるそうですね。
タイピングを打つ姿と北斗の拳の北斗百裂拳をかけたんですかね。
センスを感じます。

3.ブログを書く

なんだかんだで私が一番おすすめするタイピングの練習方法です。

上記のタイピングゲームもタイピング力を上げる方法としては優秀ですが、生産性がないのは否めません。
どうせなら仕事や何かしら有意義なことをしながらタイピング力を向上させたいですよね。
少なくとも私はそう思います。

そういった方におすすめなのはブログを書くことです。

エンジニアあるあるのですが、パソコン作業と言えど、タイピングをする機会はみなさんが想像するよりも多くありません。
大抵の業務時間はキーで文字を打つ時間はそこまでなく、マウスをポチポチやっていることが多いです。

私はエンジニアの仕事のみをしていたときはタイピングはそこまで速くなかったですが、このブログを始めてからはタイピングが劇的に速くなりました。

アフィリエイトで稼げるし、タイピングは速くなるしで一石二鳥ですね。
現時点では全然アフィリエイトで稼げてないですけど。

ブログをやっていて感じられたメリットはこちらでご紹介しております。
ブログをやっていて感じられたメリットを5つ挙げてみる

4.終わりに

今回はタイピングを速くする方法をまとめさせていただきました。

タイピングを速くすることで、劇的な時短が期待できます。

みなさんもタイピングを極めてタイピングマスターを目指しましょう。

【お知らせ】
プログラミングのコンサルタントをすることを考えております。
下記の通り、かなり格安でご用意させていただいております。
【格安】プログラミングコンサル生募集(初心者向け、フリーランス志望向け)

詳しくは下記のリンクをご覧ください。
https://chico-shikaku.com/2020/10/programming-consult-2020/

11月くらいを目処に開始予定です。
最初は募集があれば先着5名くらいを目安に考えております。
質問や意見、問い合わせやお申し込みは下記のリンクよりお願いいたします。
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSeTXskmlyPAHuhwiOE9togqJPWdhXYCyRoVnFkkbS0VN0Ftug/viewform?usp=sf_link

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログやTwitterでのシェアOKです。
コメントもお待ちしております。
誤植や勘違いなどございましたらコメント欄にて教えていただけると幸いです。






IT技術

Posted by ちこ