渡 航著、ぽんかん⑧イラスト「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。7」レビュー★★★★☆

2019年5月7日

今回は渡 航著、ぽんかん⑧イラストの「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。7(ガガガ文庫) 」を読んだ感想についてご紹介いたします。



1.所感

今までの巻の感想はこちらです。
渡 航著、ぽんかん⑧イラスト「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。2 」感想★★★☆☆
渡 航著、ぽんかん⑧イラスト「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。3」感想★★★☆☆
渡 航著、ぽんかん⑧イラスト「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。4」感想★★★★☆
渡 航著、ぽんかん⑧イラスト「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。5」感想★★★★☆
渡 航著、ぽんかん⑧イラスト「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。6」レビュー★★★★☆
渡 航著、ぽんかん⑧イラスト「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。6.5」レビュー★★★★☆

この七巻では修学旅行の話が出てきます。
修学旅行の話は私が俺ガイルのアニメで一番印象に残っているエピソードです。

前回の文化祭では比企谷八幡が比企谷八幡らしい方法でトラブルを解決しますが、正直文化祭のエピソードは比企谷八幡の異常性が分かりづらいエピソードでした。

しかしこの修学旅行のエピソードは比企谷八幡の解決方法が、比企谷八幡の異常性が如実に顕れるものでした。
こんな裏技的な解決方法あるのですね。
現実でやると小説で語られた以外の様々な障害がある上にやる度胸のある方は少ないかもしれませんが。

この辺から、雪ノ下雪乃や由比ヶ浜結衣との関係性も表面化で発展していくのが見て取れます。
こうしてみると比企谷八幡ってモテますね。
たぶん賢い女性は将来有望な男性を見抜いているのでしょう。
比企谷八幡は主夫志望で働きたくないとのたまっていますが、実際追い詰められたりやらないといけないと分かると渋々ながらやるタイプです。
なんだかんだで一般的に羨望されるような男性とは違うベクトルで八幡も魅力的なのでしょう。

2.終わりに

今回は渡 航著、ぽんかん⑧イラストの「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。7(ガガガ文庫) 」についての書評を書かせていただきました。

本を読んでいると、自分の稚拙な文章力や穴だらけの哲学、偏った価値観に気づかされます。

本を読んでいるとなんか成長している気になりますね。
もっと学生時代とかに本を読んでおくべきでした。
もし私に子供ができた場合は本をたくさん読ませてあげたいですね。

おすすめ度
★★★★☆

本を読み放題で読みたいならAmazon Unlimitedへの登録がおすすめです。
Amazon Unlimitedに登録するとAmazon Unlimited対象の本が月額なんと1000円以下で読めちゃいます。
Amazon Unlimitedは下記のリンクから登録できます。
最初の30日間は無料で体験できるのでぜひ試してみてください。
Kindle Unlimitedを無料体験

最後までお読みいただきありがとうございます。
よろしければブログやTwitterでのシェアをお願いいたします。
コメントもお待ちしております。