菊池 亜希子著「好きよ、喫茶店」感想—–

2019年5月7日

今回は菊池 亜希子著の「好きよ、喫茶店」を読んだ感想についてご紹介いたします。



1.所感

私はコーヒーが好きです。
どれくらい好きかというと、もはやカフェイン中毒と言っていいくらいです。
仕事の時はコーヒーを飲まないと落ち着きません。
周りが引くくらい仕事の時は大量にコーヒーを飲んでいます。
歯に悪かったりメリットだけでなくデメリットも多いのですが、どうしても辞められないですね。

一時期バリスタなどを本気でやろうと思ったことがありました。
よく考えて将来性がないことに気づき、2時間ほどで諦めましたが。

それに飲食店はブラックです。
いろいろやらなきゃいけないことがある上に給料が低いです。
赤字も考えられます。
まずは将来性があり、確実に賃金が稼げる方法でしばらくは過ごしていきたいところですね。

東京に来た当初は喫茶店などを巡ってました。
あの頃は元気でしたね。
しかしほどなくして飽き、喫茶店はコーヒーも割高なのでお金があれよあれよという間に減っていき、最後にはやめました。

よく勉強するときはカフェの方が捗るという方がいますが、私は家の方が捗ります。
やっぱりリーズナブルな方法が落ち着きますね。
根っからの庶民派です。

もしめちゃくちゃ稼いで大金持ちなったとしても、牛丼チェーン店に頻繁に行くようになるのではないでしょうか。
高い食べ物を食べているともったいないという気持ちが働き、例え美味しかったとしてもどこか落ちつきません。

まぁ人に誘われる分にはカフェ等も行ってみようという気持ちになります。
時間とお金が許されれば、ぜひ散策してみたいですね。

2.終わりに

今回は菊池 亜希子著の「好きよ、喫茶店」についての書評を書かせていただきました。

そういえば、女性が趣味で「趣味がカフェ巡りです」と言っている方は実は趣味がなかったり人には言えない趣味を抱えている方が多いらしいですね。

カフェ巡りなら他の方の受けも良いですし、知識も最低限で済みます。

ちなみに私は趣味はなく、強いて言うならサイトの更新くらいですが、人に趣味を聞かれた場合は「街を散歩」とか「今は自分の中でダーツにハマっているかな」などと適当に答えるようにしています。
たぶん察されていますね。

本格的に趣味を見つけようとしても、突き詰めていけば莫大なお金がかかってしまいます。
お金がかかってまで趣味に費やすモチベーションもありません。
何かお金を費やしてももったいなくないと思えるような趣味を見つけたいです。

おすすめ度
—–

本を読み放題で読みたいならAmazon Unlimitedへの登録がおすすめです。
Amazon Unlimitedに登録するとAmazon Unlimited対象の本が月額なんと1000円以下で読めちゃいます。
Amazon Unlimitedは下記のリンクから登録できます。
最初の30日間は無料で体験できるのでぜひ試してみてください。
Kindle Unlimitedを無料体験

最後までお読みいただきありがとうございます。
よろしければブログやTwitterでのシェアをお願いいたします。
コメントもお待ちしております。






旅行

Posted by ちこ