血液をドロドロからサラサラに変える食べ物とは?おすすめの食品をご紹介!

2019年1月26日

血液にはサラサラとドロドロの二種類があるという話はよく聞きますよね。

血液がドロドロになると血液が流れにくくなり、動脈硬化などの成人病を引き起こす可能性が高まります。

今回はそんなドロドロな血液をサラサラに変える食べ物についてご紹介していきます。



1.納豆

納豆は健康に良い食べ物の代表格ですよね。
納豆には納豆特有の成分であるナットウキナーゼが含まれています。
ナットウキナーゼは、血栓(血管の中で血液が固まったもの)を溶かす作用が強く、血液をサラサラにする働きがあるのです。

納豆は苦手な方が多いですが、自分の健康のためだと思って食べる機会を作っていきたいですね。
最初はあまり食べるのがすすまないかもしれませんが、健康に良いと思い込んで食べ続けることでだんだんハマっちゃうかもしれません。

2.ネギ類

ネギ類に含まれるアリシンには、血液をサラサラにする効果があるそうです。
ネギ類には玉ねぎ、長ネギ、ニラ、らっきょう、あさつきなどがあります。

他にもアリシンには血液中の脂質を減らす効果も期待できるので、動脈硬化や糖尿病、高血圧の予防にも役立ちます。

ちなみにアリシンは水に溶けやすいという性質をもつため、玉ねぎなどを切った後に水をさらしたりするのはあまり良くないらしいです。

3.魚

魚の油には血液をサラサラにする働きがあるDHAやEPAが多量に含まれています。

DHAには細胞膜の中に取り込まれることで、血液の流れを良くする効果があります。
対してEPAには赤血球の変化を助けるとともに、血小板が固まってしまうのを防ぐ効果があるそうです。
それに加えEPAには血液のドロドロした粘性を減らし、血液の流れ自体を良くする働きもあるのです。

ただし、EPAは焼いたり揚げたり煮たりすると壊れてしまうので、できれば刺身などにするなどして生のまま食べるようにしましょう。

4.緑黄色野菜

緑黄色野菜には食物繊維が多量に含まれており、普段の食事でとりすぎた脂肪や有害物質を腸で吸収してくれるため、血液がドロドロになるのを防いでくれます。

さらに血液がドロドロになってしまう原因として、過剰に活性酵素があるという原因が挙げられます。
野菜に含まれるビタミンCやビタミンEには抗酸化作用が高いため、活性酵素を退治し血液がドロドロになるのを防いでくれるのです。

ビタミンCは果物類やピーマン、サツマイモなど、ビタミンEはアーモンドやモロヘイヤ、かぼちゃなどに多く含まれています。

5.きのこ類

あまり知られていないかもしれませんが、きのこ類も食物繊維が豊富です。
食物繊維はコレステロールを排泄する効果がありますが、実はきのこ類に含まれるβグルカンにもコレステロールを排泄する効果があるのです。

きのこ類の中でも特にシイタケやマッシュルームがお勧めだそうです。

6.海藻類

海藻類ももちろん食物繊維が豊富です。
食物繊維は先ほど体内のコレステロールを排泄する効果があることは説明しましたが、特に海藻類のぬるぬるした部分含まれる水溶性食物繊維には体内のコレステロールと結びついて便として排出する効果があるそうです。

さらに海藻類に含まれるアルギン酸にはカリウムが含まれており、余分な塩分も取り除いてくれるため、高血圧の予防や改善に役立ちます。

海藻類はカロリーが少ないため、ダイエットにも最適です。

7.すっぱい食べ物

梅干しや酢など、すっぱいものに含まれるクエン酸には、血栓を予防する働きがあり、血液をドロドロからサラサラに変えます。

他にもクエン酸には殺菌作用がある他に体に吸収されにくい鉄やカルシウムをはじめとした脂溶性のミネラルを吸収効率の高い水溶性に変える効果があるそうです。

特に黒酢は血液をサラサラに買える効果が強い他に、血圧を正常に保つ効果もあるそうです。

8.終わりに

今回はドロドロの血液をサラサラに変える食べ物についてご紹介いたしました。

血液がドロドロになる原因としては、食生活の他にストレスや運動不足が挙げられます。

特にデスクワークで朝から晩までパソコンの前に陣取る方は運動不足になりがちですよね。
週に一度運動する日を設けたりジムに行くなどして積極的に体を動かすことが大事です。
帰宅するときにいつもより1駅前に降りてそこから歩いて帰るだけでも大分違います。
ちなみに筋トレの効果とジムのメリット、デメリットについてはこちらの記事でまとめております。
筋トレの効果とは?
ジムのメリットとは?
ジムのデメリットとは?

みなさんも血液をサラサラにして健康的に毎日を過ごしていきましょう。

最後までお読みいただきありがとうございます。
よろしければブログやTwitterでのシェアをお願いいたします。
コメントもお待ちしております。
誤植や勘違いなどございましたらコメント欄にて教えていただけると幸いです。






健康

Posted by ちこ