漢検8級とは?小学校3年生を対象!漢字練習をコツコツ積んでいこう!

2019年6月25日

漢検(日本漢字能力検定)とは、その名の通り漢字に関する能力が問われる試験です。
漢字を「読む」「書く」能力はもちろんのこと、漢字の意味を理解し、文章の中で適切に使える能力も測られます。

漢字は年齢に関係なく学べるため、3歳から102歳という幅広い年齢層の方が漢検を受験しているそうです。

漢検は10級~3級、準2級、2級、準1級、1級の12段階の難易度があります。
難易度が低い級では小学生を対象としていますが、準1級、1級までくると大学・一般程度の漢字に関する知識が必要です。

今回は漢検8級の概要についてご説明いたします。



1.漢検8級とは?

漢検8級は小学校3年生修了程度を対象としています。対象となる漢字の数は440字です。

漢検8級では、「漢字の読み」「漢字の書き取り」「部首・部首名」「筆順や画数」「送り仮名」「対義語」「同じ漢字の読み」に関する問題が出題されます。
また、漢検8級に合格することで、小学校第3学年までの学習漢字を理解し、文や文章の中で使えるということを証明できます。

8級からは部首や部首名に関する問題も現れます。
部首名なんて忘れてますよね。私も「くさかんむり」くらいしか覚えていません。

また、8級からは同じ漢字の読みについての問題も出題されます。
当時は音読みと訓読みの違いの理解に手こずった記憶があります。
しっかり勉強して漢字の読み方を間違えないようにしましょう。
もし政治家になって国会討論で漢字の読みを間違えていたら大変です。
全国放送で晒されることでしょう。

試験日
2月、6月、10月

出願時期
受験の約3か月前~受験の約1か月前

受験料
1500円(税込み)

試験時間
40分

満点
150点

合格基準
80%程度

合格発表日
各検定日の約1カ月後

2.漢検8級の難易度は?

漢検8級の合格率は約85%です。
しっかり勉強すれば合格できる難易度です。
部首名やとめ・はらいの違いなどの問題が出題されるため、苦手分野をつぶしてまんべんなく点数を取れるようにしたいところです。

やはり小学校の漢字の勉強においては漢字練習が優秀だと思います。
中学生くらいになれば漢字のパターンをある程度把握しているかもしれませんが、小学生にとって漢字は大げさに言えば暗号です。
漢字練習を重ね、漢字の構成パターンを認識していきましょう。

3.漢検8級の勉強方法は?

漢検の勉強においてはこちらの本が有名らしいですね。
動物の表紙がトレードマークです。
8級の勉強においてもこちらの本をやると良いでしょう。
漢検 8級 漢字学習ステップ 改訂二版 ワイド版

他にもこちらの参考書も優秀です。
子供が慣れ親しみやすいデザインを採用しているため、楽しんで漢検の勉強に取り組むことができます。
いちまるとはじめよう!わくわく漢検 8級

また、本番に近い勉強を取り入れたい方はこちらの問題集をやると良いでしょう。
本番の良い予行練習になります。
漢検 8級 過去問題集 平成27年度版

なお、漢検8級で過去に出題された問題はこちらで確認することができます。
漢検問題例

4.終わりに

今回は漢検8級の概要についてご説明いたしました。

勉強はめんどくさいですが、漢字練習は特にめんどくさいですよね。
しかし下積みは大事です。
いずれ漢字練習はやらなきゃいけないことです。大人になってから漢字練習をしたくないですよね。
歳をとってから下積みをするほど精神的に苦痛を感じる作業はないです。
若い時に下積みをサボって歳をとった段階で下積みを行っている間、同年代の人は既に下積み時代を終えています。
そのころには同年代の人と差がついてるはずです。
面倒くさいと嘆くことをやめ、若いうちに淡々と漢字練習という下積みを行いたいところですね。
この記事の読者に小学生は少ないと思いますが。

漢字練習を淡々と重ね、漢字の能力を高めていきましょう。

漢検の他の級については、こちらの記事にまとめております。
漢検の種類とは?

8級より上位の級である7級、8級より下位の級である9級について知りたい方はこちらの記事をご覧ください。
漢検7級の概要とは?
漢検9級の概要とは?

※ご紹介している参考書、問題集のバージョンは執筆当時のものです。
新しいバージョンの参考書、問題集が発行されていないか今一度Amazon等でご確認ください。

私が今までに取得した資格の一覧はこちらになります。
取得済資格一覧

私がおすすめする勉強法はこちらでご紹介してます。
おすすめ勉強法ベスト3

最後までお読みいただきありがとうございます。
よろしければブログやTwitterでのシェアをお願いいたします。
コメントもお待ちしております。
誤植や勘違いなどございましたらコメント欄にて教えていただけると幸いです。






国語

Posted by ちこ