犬の「パンティング」という言葉の意味とは?

今回は犬に見られる「パンティング」という言葉の意味についてご紹介いたします。



犬の「パンティング」という言葉の意味とは?

犬の「パンティング」という言葉の意味とは?

結論から言うと犬に見られる「パンティング」とは、よく「ハッハッ」などと口を開けて舌を出して呼吸を繰り返すことがありますが、その浅く早い呼吸のことを「パンティング」と言います。

これは犬が体温を下げるときに行われる動作となります。
人間は暑いと汗を書いてその気化熱で体温を下げますが、犬は毛で覆われていて汗腺が足の裏側などしかないため、口を開けて唾液を蒸発させることで体温を下げます。

英語の「panting」から由来されているものと思われます。

終わりに

今回は犬に見られる「パンティング」という言葉の意味についてご紹介いたしました。

最後までお読みいただきありがとうございます。
よろしければブログやTwitterでのシェアをお願いしております。
コメントもお待ちしております。
誤植や勘違いなどございましたらコメント欄にて教えていただけると幸いです。

直接契約ができるフリーランスエージェント「エンハンス」を立ち上げました。
詳しくは下記LPをご参照ください。
https://enhance.decryption.co.jp/

Youtubeチャンネル開設いたしました。
チャンネル登録者1000人を目指しているので、良いと思った方はチャンネル登録をお願いしたいです。
https://www.youtube.com/channel/UC219XhmSRxmXltTy6COxSMw






言葉の意味

Posted by ちこ