「華土」という言葉の読み方や意味とは?

今回は「華土」という言葉の読み方や意味についてご紹介いたします。



「華土」という言葉の読み方や意味とは?

「華土」という言葉の読み方や意味とは?

結論から言うと「華土」とは、「華金」にちなんで土曜日に夜遅くまで遊べて繁華街で人が多い(出会いが多い)ことを指します。

華金は次の日の土曜日が休みの人が多いことから、夜遅くまで遊んでも次の日に響かないため出会いが多く夜遅くまで飲めたりするものとして「華の金曜日」として有名ですが、土曜日も次の日が日曜日なため夜遅くまで遊ぶことができ、出会いも多い日です。

私の感覚では、一週間のうちに金曜が繁華街が一番にぎわっていて、次の日の土曜日が一週間のうち2番目に賑わっている日だと思っております。

「華土」という言葉は一般的ではないです。
一部の界隈で一部の人が使っている言葉でしょう。

「華土」の読み方は「華金」の読み方が「はなきん」であることから、そのまま「はなど」と読んで良いものだと思います。

しかしビジネス街に近い繁華街では「華金」はにぎわっていますが、「華土」の場合はビジネス街では土曜日に出勤している人が少ないため必然的に仕事帰りに繁華街に寄る人も減り、まったくにぎわっていないことも多いでしょう。

華の土曜日でも人が多いところはありますが、山手線の一部の駅など圧倒的に人通りが多い、もしくは土日に遊びに行く人が多いところのみだと思います。

終わりに

今回は「華土」という言葉の読み方や意味についてご紹介いたしました。

最後までお読みいただきありがとうございます。
よろしければブログやTwitterでのシェアをお願いしております。
コメントもお待ちしております。
誤植や勘違いなどございましたらコメント欄にて教えていただけると幸いです。

Youtubeチャンネル開設いたしました。
チャンネル登録者500人を目指しているので、良いと思った方はチャンネル登録をお願いしたいです。
もう少しで目標達成なのでぜひお願いします!
https://www.youtube.com/channel/UC219XhmSRxmXltTy6COxSMw






言葉の意味

Posted by ちこ