エンジニアを英語で書いたときの略語は?

今回はエンジニアという言葉を英語で書いたときの略語についてご紹介いたします。



エンジニアを英語で書いたときの略語は?

エンジニアを英語で書いたときの略語は?

結論を言うと、エンジニアは英語で書いたとき「engineer」となりますが、その略語は「eng.」となります。
ちなみに「engineer」に「-ing」をつけると「engineering」になり、「工学」や「土木工事」といった意味になりますが、その略語も「eng.」となります。

逆に「eng.」は他にも「engine」や「engraved」の略だったりします。
ややこしいですね。

終わりに

今回はエンジニアという言葉を英語で書いたときの略語についてご紹介いたしました。

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログやTwitterでのシェアOKです。
コメントもお待ちしております。
誤植や勘違いなどございましたらコメント欄にて教えていただけると幸いです。






言葉の意味

Posted by ちこ