「頭出し」というビジネス用語の語源とは?

今回はビジネスでよく使われる「頭出し」という言葉の語源を探っていきます。



「頭出し」というビジネス用語の語源とは?

「頭出し」というビジネス用語の語源とは?

まずはビジネスに限らず、「頭出し」という言葉の意味を調べてみましょう。
辞書によると、「頭出し」とは、「録音、録画テープやレコードなどで、再生したい部分を探し出すこと」といった意味になります。

ここで、ビジネスにおける「頭出し」という意味を再確認してみましょう。
ビジネスにおける「頭出し」という言葉の意味とは?

頭出しとは、「前もってさわりを伝えておくこと」という意味ですね。

音楽において、「録音、録画テープやレコードなどで、再生したい部分を探し出す」という行為は、人を目的語として「再生したい部分」を「説明・報告したい部分」と言い換えてみると「ビジネスにおいて説明・報告したい部分を探し出す」と表現することもできます。

ビジネスにおいて説明・報告したい部分を探し出して、それを先方に伝える行為が「先方に頭出しをする」という表現になったと推測できますね。

「頭出し」というのは結構前の世代から根付いている言葉ですが、前の世代の方々はカセットテープが生活の一部であった時代です。
カセットテープに関しても「頭出し」という言葉がよく使われますが、前の世代の方々にとって、「頭出し」という言葉は馴染み深い言葉となっております。

終わりに

今回はビジネスでよく使われる「頭出し」という言葉の語源を探ってみました。

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログやTwitterでのシェアOKです。
コメントもお待ちしております。
誤植や勘違いなどございましたらコメント欄にて教えていただけると幸いです。






言葉の意味

Posted by ちこ