DjangoのDRFのResponseにerrorsというkeyは使えない

今回はDjangoのDRFのResponseにerrorsというkeyは使えないというお話をしていきます。



DjangoのDRFのResponseにerrorsというkeyは使えない

Django REST Frameworkを使って次のようなレスポンスを返そうとしました。

しかし、上記のようにすると、私はフロントエンドでVueを使っていたのですが、正常にresponseが返ってこないことに気づきました。
ステータスコードは返ってくるのですが、

などと書いても辞書型のエラーメッセージは取得できず、Noneで返されます。

そこで、

などとerrorsをdetailに変えるとresponseのdataが取得できるようになりました。

どうやら、レスポンスのdataとしてerrorsは予約語として設定できないようです。

終わりに

今回はDjangoのDRFのResponseにerrorsというkeyは使えないというお話をさせていただきました。

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログやTwitterでのシェアOKです。
コメントもお待ちしております。
誤植や勘違いなどございましたらコメント欄にて教えていただけると幸いです。






DRF

Posted by ちこ