Django REST frameworkで404エラーを返すにはexceptionsモジュールが便利

今回はDjango REST frameworkで404エラーを返すにはexceptionsモジュールが便利ということについてお話ししていきたいと思います。



Django REST frameworkで404エラーを返すにはexceptionsモジュールが便利

Django REST frameworkで404エラーを返すことには成功したものの、どうやって「”detail”: “Not found.”」を返すんだろうと悩んでいたときのことです。

rest_framework.exceptionsにあるNotFoundを使えば良いということを、ネットサーフィンをしていたら見つけました。
こちらの記事が分かりやすいと思います。
https://medium.com/shimakaze-soft-techblog/django-rest-frameworkにあるexceptionの種類-ee6db1cd1126

使い方はリンク先のように簡単で

のようにするだけですね。

404エラーの他にも400や500などが用意されています。

このNotFound関数を使うことで、404エラーが返される他、「”detail”: “Not found.”」がresponseとして返されるようになります。

結局detailとNot foundのセットを返す方法は分からずじまいでしたが、また別の機会に調べてみることにします。

終わりに

今回はDjango REST frameworkで404エラーを返すにはexceptionsモジュールが便利ということについてお話しいたしました。

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログやTwitterでのシェアOKです。
コメントもお待ちしております。
誤植や勘違いなどございましたらコメント欄にて教えていただけると幸いです。






DRF

Posted by ちこ