Djangoでfrom django.conf import settingsすればファイルを分けた場合でもインポートできる

今回は、from django.conf import settingsとDjangoでimportした時、settingsのファイルを分けた場合でもsettingsにある変数をインポートできるというお話をしていきます。



Djangoでfrom django.conf import settingsすればファイルを分けた場合でもインポートできる

Djangoでsettingsファイルを分けたとします。

例えば、ローカルや開発環境で使用するsettingsの変数を変えたくて、base.py、local.py、dev.pyに分けた場合です。

この時、local.pyに定義したsettingsに書かれているべき変数をインポートしたいときに例えば
from app.config import local
などでインポートすると、ローカル環境では正しくインポートできるものの、開発環境ではインポートできないのが想像できると思います。

逆に
from django.conf import settings
とすればlocal.pyに書かれていても正しく動きます。

settingsにある変数をインポートしたいときは、基本的に
from django.conf import settings
のようにすると良いでしょう。

終わりに

今回は、from django.conf import settingsとDjangoでimportした時、settingsのファイルを分けた場合でもsettingsにある変数をインポートできるというお話をさせていただきました。

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログやTwitterでのシェアOKです。
コメントもお待ちしております。
誤植や勘違いなどございましたらコメント欄にて教えていただけると幸いです。






Django

Posted by ちこ