誕生石で安い順ランキングベスト3!コスパの良い誕生月のお相手は?※ネタです

※ネタ記事です

一般的に結婚指輪は給料の三ヶ月分と言われますよね。
パートナーの誕生石が高ければ、それだけ結婚指輪にかかる出費も多くなります。

何かとお金がかかる結婚費用、安く済ませたいですよね。
今回は誕生石で安い順ランキングベスト3の発表です。
今現在相手は決まっていないけれど結婚を検討している方で結婚資金を調達するのに自信のない方はこのランキングを見て誕生石が安い相手を選ぶと良いでしょう。(もちろん冗談です。)



誕生石で安い順ランキングベスト3!コスパの良い誕生月のお相手は?

誕生石で安い順ランキングベスト3!コスパの良い誕生月は?

まずはラインナップをご紹介いたします。
誕生月によっては誕生石が1種類だけでなく3種類あったりしますが、下記のサイト、JEWELRYY BOUTIQUEで各月について紹介されている誕生石を調査の対象とします。
https://jewelry-boutique.jp/stone

JEWELRYY BOUTIQUEでは各誕生月に対して以下の誕生石が割り当てられています。

1月:ガーネット
2月:アメシスト
3月:アクアマリン
4月:ダイヤモンド
5月:エメラルド
6月:ムーンストーン or パール
7月:ルビー
8月:ペリドット
9月:サファイア
10月:トルマリン or オパール
11月:シトリン or トパーズ
12月:タンザナイト

また、調査するに当たって使用したサイトは同じくJEWELRYY BOUTIQUEになります。

本当はリングで値段を比較したかったのですが、カラットや透明度などによって値段が変わり、イヤリングの方が大きさが統一されていて比較しやすかったのでイヤリングを中心とした加工品の値段で比較します。

宝石によっては比較したときあまり値段が変わらなかったりするので、あくまでも参考程度に留めておいてください。

誕生月によっては二つ宝石が紹介されていたりしますが、調査してみると各月についてその二つの宝石の値段は同じくらいでした。
うまくできていますね。

第3位:アクアマリン

第3位はアクアマリンです。
3月の誕生石ですね。

第3位としたものの、2月の誕生石であるアメシストや11月の誕生石であるシトリン/トパーズと値段はいい勝負です。

第2位:ガーネット

第2位は1月の誕生石であるガーネットです。
こちらも明確に安価です。

ガーネットの色は赤で小物においてアクセントとして使用しやすいですが、他の誕生石に比べてリーズナブルなお値段となっております。
色が赤で目立つのでアクセントを抑えるためそこまで大きなガーネットはいらないというのもお財布的にはありがたいですね。

第1位:ムーンストーン/パール

第1位は6月の誕生石であるムーンストーン/パールです。
こちらは誕生石の中で他の追随を許さないほどダントツに安いです。

一つ難点を挙げるとすれば、アクセサリーとして少し地味なことでしょうか。
ちょっとした自分で買うようなムーンストーン/パールを使ったアクセサリーを買うのには適していますが、誕生石を使った指輪など他の方への特別なプレゼント用のアクセサリーとして買うには少し物足りなさを感じてしまうことになるかもしれません。

記念日などのプレゼントとして6月生まれの方に対しては、結局ダイヤモンドなど映える石と組み合わせたアクセサリーをプレゼントすることになったりするので、いざプレゼント用として購入してみると最終的には高くつくことになるかもしれませんね。

番外編:一番高い誕生石は?

番外編として一番高い誕生石を発表します。
想像がつくかもしれませんが、誕生石の中で一番高いのはぶっちぎりでダイヤモンドです。
その差はなんと一番安いムーンストーン/パールの三倍ほどのお値段になります。

つまり一般的に結婚指輪は給料の三ヶ月分と言われていますが、6月生まれのパートナーに結婚指輪を買う場合は三ヶ月分ただ働きをしなければならないとすると、4月生まれのパートナーに結婚指輪を買う場合は九ヶ月分もただ働きをしなければなりません。

誕生石を使ったプレゼントを後々あげることを考えると、「4月生まれの相手よりも6月生まれの相手を選んだ方が良い」と覚えておきましょう。(もちろん冗談です。)

終わりに

今回は誕生石で安い順ランキングベスト3を発表いたしました。

最後までお読みいただきありがとうございます。
よろしければブログやTwitterでのシェアをお願いいたします。
コメントもお待ちしております。
誤植や勘違いなどございましたらコメント欄にて教えていただけると幸いです。






雑記

Posted by ちこ