「うまずめ」、または「うずまめ」の意味とは?

今回はうまずめ、もしくはうずまめの意味についてご紹介いたします。



「うまずめ」、または「うずまめ」の意味とは?

「うまずめ」、または「うずまめ」の意味とは?

先に答えを書くと、「うまずめ」と「うずまめ」は同じ意味で、両方とも「子供を産めない女性」のことを指します。

「うずまめ」というのは「うまずめ」の誤用です。
「うまずめ」が正しく、「うずまめ」という言葉は間違っており存在しません。

うまずめは漢字で書くと”石女”となります。
”石女”は”セキジョ”とも読みますが、”ウマズメ”という呼び方もします。
セキジョの方が一般的に呼ばれていることが多いかもしれませんね。
「うまずめ」は「産まず女」、「不生女」、「不産女」とも書きます。

うまずめは主に女性に対して侮蔑的な意味で使われます。
子供が産めないなんて役に立たない女、すなわち産まず女(うまずめ)だという意味です。
昔は女は子供を産んでこそ役に立つと思われており、「子供が産めないなんてなんて役に立たない女性なのか」という意味で使われたりします。
主に嫁姑関係で使われる言葉ではないでしょうか。

女性差別バリバリの言葉なのでできるだけ使わない方が良いでしょう。

終わりに

今回はうまずめ、もしくはうずまめの意味についてご紹介いたしました。

最後までお読みいただきありがとうございます。
よろしければブログやTwitterでのシェアをお願いいたします。
コメントもお待ちしております。
誤植や勘違いなどございましたらコメント欄にて教えていただけると幸いです。