ボカロ曲でよく見かける「feat.」の意味とは

今回はボカロ曲でよく見かける「feat.」の意味についてご紹介いたします。



ボカロ曲でよく見かける「feat.」の意味とは

ボカロ曲でよく「feat.」という文字を見かけますよね。

例としてDECO*27さんがyoutubeで公開しているヒバナやゴーストルールでは題名に「feat. 初音ミク」とついていたりします。

「feat」の意味についてご説明しますと、「feat」とはfeaturingの略で、簡単に言えばゲスト出演のことを指します。

featuringの英語の意味は、特定の人物・事柄などを特色として際立たせることです。

つまり、「feat. 初音ミク」の場合は曲に初音ミクがゲスト出演していることを表しています。

featとwithの違いは?

youtubeなどで曲を聴くときに「feat.」の他に「with」が使われていることを見たことがある方もいるのではないでしょうか。

feat.もwithも同じような意味に思えてしまいますよね。

しかしながら、feat.とwithには明確な違いがあるのです。

withが使われている場合は、A with Bのように、AさんとBさんが同等の立場で、一緒に歌っている、またはコラボしていることを表します。

一方、feat.が使われる場合はA feat. Bのように、AさんがBさんにお願いする形、つまりAさんよりもBさんの方が上の立場で歌っている、またはコラボしていることになるのです。

先ほどの例でいうと、「DECO*27 feat. 初音ミク」と表されている場合はDECO*27さんが初音ミクさんにお願いする形で曲を公開していることになります。

DECO*27さんはボーカロイドである初音ミクを立場を上としてもっていくところを見ると、だいぶ奥ゆかしい方のようです。

終わりに

今回はボカロ曲でよく見かける「feat.」の意味についてご説明致しました。

最後までお読みいただきありがとうございます。
よろしければブログやTwitterでのシェアをお願いいたします。
コメントもお待ちしております。
誤植や勘違いなどございましたらコメント欄にて教えていただけると幸いです。






音楽

Posted by ちこ