Pycharmでは__pycache__や.pycファイルは生成されない?

今回はPycharmでは__pycache__や.pycファイルは生成されない(場合が多い)ということについてお話しいたします。
ネットで拾った情報+私の経験によって語るので多少の誤りがあるかもしれません。



Pycharmでは__pycache__や.pycファイルは生成されない?

Pythonはもともとインタプリタ型言語です。

__pycache__や.pycファイルはPythonファイルをコンパイルした時に作成されますが、Pythonがインタプリタ型言語であることを考えるとむしろ__pycache__や.pycファイルが生成されることがおかしいですね。

__pycache__や.pycファイルについてはこちらで説明しています。
__pycache__ディレクトリと.pycファイルとは?

CPythonを使うとPythonファイルをコンパイルすることになりますが、一般的にはPycharmではPythonをコンパイルすることなくインタプリタ型言語として1行ずつ逐次的に実行していくので__pycache__や.pycファイルが生成されません。
(JavaやC++などを実行するためのIDEやeclipseやCode::Blocksはコンパイルボタンが存在しますが、Pycharmにはコンパイルボタンが存在しないかと思います。)

例外的にPycharmを実行すると__pycache__や.pycファイルが生成される場合がある

ただし、例外的にPycharmで実行したとしても__pycache__や.pycファイルが生成される場合があります。
それはコード内でpy_compileモジュールを呼び出したときです。

しかし、py_compileモジュールは一般的に使う場面は少ないです。
よって基本的にはPycharmでPythonファイルを実行した際は__pycache__や.pycファイルは生成されないという認識で問題ないでしょう。

終わりに

今回はPycharmでは__pycache__や.pycファイルは生成されないということについてお話しいたしました。

この記事が参考になれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございます。
よろしければブログやTwitterでのシェアをお願いいたします。
コメントもお待ちしております。






Python

Posted by ちこ