「バーにかかってきた電話」レビュー★★★☆☆

2019年5月7日

今回は東 直己著の「バーにかかってきた電話」を読んだ感想についてご紹介いたします。



1.所感

この「バーにかかってきた電話」を読むのに数年かかってしましました。
読み途中のまま数年放置していただけなんですけどね。
本の整理をしている途中に「バーにかかってきた電話」を見つけたので読んでおきます。

読み途中のまま数年放置したといっても読んでてつまらなかったわけではありません。
なんとなく数年放置してました。
本当になんとなくです。
本当につまならかったら読み途中のまま捨てています。

この「バーにかかってきた電話」は「探偵はバーにいる」の続編です。
探偵はバーにいるを読んだのは高校の頃ですね。
読書家の友達からおすすめの本を聞いたところ、探偵はバーにいるを紹介されたのでその友達から借りて読んでみました。
この頃は私自身、あまり本を読んでいなかったときです。

あまり本を読んでこなかった私でも、探偵はバーにいるはおもしろいものでした。
しかしその続編は読んでいません。
読みたい気持ちはあったのですが、なんとなく続編は読まずじまいでした。

この「バーにかかってきた電話」はなんとなく読みたくなったときに適している本です。
そう聞くとおもしろそうには思えない本ですが、結構おもしろいですね。
特に男性の方におすすめしたい本です。
パチンコとかポーカーが好きな人におすすめの本ではないでしょうか。

それにしても、バカラで生計を立てるってすごいですね。
日本ではバカラは違法だと思いますけど。
私もそんな博才が欲しいですね。
数年後余剰資金ができたらマカオあたりにカジノに行ってみようと思っています。
飛行機は苦手なんですけどね。

2.終わりに

今回は東 直己著の「バーにかかってきた電話」についての書評を書かせていただきました。

「探偵はバーにいる」や「バーにかかってきた電話」の他にもシリーズがあるようです。
どれが続編かはパッと見は分からないですけど。

いずれは片っ端から読んでみたいですね。
てか読んでみたい本が多すぎます。
本を読んでいたらいつの間にか時間が過ぎ去っていますね。
もう年明けてから一ヶ月も経っています。
これが12回も続くと一年が終わりです。
信じられません。

私も本を読んでいてばかりでいては年をとってしまうので、そろそろなんか始めたいところです。
ブログは一応始めていますが、ゴミみたいな出来ですね。
そろそろ真面目にビジネスについて考えて良い頃なのかもしれません。

おすすめ度
★★★☆☆

本を読み放題で読みたいならAmazon Unlimitedへの登録がおすすめです。
Amazon Unlimitedに登録するとAmazon Unlimited対象の本が月額なんと1000円以下で読めちゃいます。
Amazon Unlimitedは下記のリンクから登録できます。
最初の30日間は無料で体験できるのでぜひ試してみてください。
Kindle Unlimitedを無料体験

最後までお読みいただきありがとうございます。
よろしければブログやTwitterでのシェアをお願いいたします。
コメントもお待ちしております。
誤植や勘違いなどございましたらコメント欄にて教えていただけると幸いです。






小説

Posted by ちこ