エブリスタおすすめエッセイ3選!私が学生時代に頻繁に更新された小説をご紹介!

2019年5月7日

エブリスタと言うサービスをご存知でしょうか。

「小説家になろう」のように素人が小説を投稿できるサイトです。

昔モバゲーが流行りましたね。
こう言ってしまうと世代がバレてしまうかもしれませんが、私の周りではミクシィよりもモバゲーが流行っていました。

モバゲーの小説は今ではなくなって(?)しまいましたが、そのモバゲーで公開されていた小説をエブリスタで読むことができます。
高校までの学生時代は大学生のときほど本を読んでいませんでしたが、エブリスタで読める小説についてはちょくちょく読んでいた記憶があります。

今回はエブリスタに投稿されている小説の中でも、個人的におもしろいと思ったエッセイを三つご紹介いたします。



ちょw妹が来たんだけどww

ちょw妹が来たんだけどww

タイトルからイメージできる通り、ポップな文体と妹が絡む日常の出来事を書いているエッセイとなります。

妹だけでなくマンションの管理人さんも主に登場します。
どうマンションの管理人さんが絡んでくるかは実際のエッセイをご覧ください。
ちなみに「ちょw妹が来たんだけどww」の続編として「ちょw管理人が可愛い過ぎるんだけどww」があります。

日常のおもしろい出来事が書いてあるだけでなく、ときには著者の人生観が垣間見れたり、シビアな出来事が書いてあったりします。

著者の一喜一憂さんはフィクションのような壮絶な過去を送っているので、気になる方はぜひ読んでみてください。
一喜一憂さんがどう厳しい現実に立ち向かっていくか、読んでいてとても印象に残ると思います。
ぜひ読んでみてください。

結婚しますたwww

結婚しますたwww

先ほどご紹介した「ちょw妹が来たんだけどww」の著者である一喜一憂さんも壮絶な過去を送っていますが、この「結婚しますたwww」の著者である黒ペンギンさんも壮絶な過去を送っています。

常々思うことですが、おもしろい小説だったりエッセイを書く方は壮絶な過去を送っている方が多いです。
逆に言えば他の方とは違う厳しい目に合わなければおもしろい小説だったりエッセイが書けないのでしょうか。
そんな気はしています。

こちらもタイトルから分かる通り、奥さんとのおもしろいエピソードだったり何気ない日常を書いています。

著者の黒ペンギンさんもそうですが、奥さんや登場人物全員キャラが濃いので読んでいて非常に楽しめますね。
黒ペンギンさんのスペックも半端なく、読んでいてこんな人がいるのかと思わずにはいられません。

3000ページ以上とボリュームもあるのでおすすめです。

俺嫁日記シリーズ

俺嫁日記シリーズ

作品では語られることはありませんが、この俺嫁日記シリーズの著者であるzerollさんも壮絶な過去を持っています。

なぜzerollさんが壮絶な過去を持っているかわかるかというと、過去のアカウントで公開されている作品を読んだからです。
先ほどのリンクで飛んでいる俺嫁日記シリーズは4ですが、1~3はこちらのアカウントから読むことができます。

俺嫁日記

実はこの作者、霊能力者です。
俺嫁日記ではあまり霊能力者としてのエピソードは書かれていませんが。

別の作品である「オカルト野郎の日常」を読むと分かりますが、あり得ないほどの辛い経験を乗り越えています。
小説越しですが、ここまで辛い経験をしている方は他に見たことがありません。

話を戻します。
この俺嫁日記シリーズはとにかくおもしろいです。
奥さんとのエピソードもおもしろいですが、書き方だったり表現に工夫が見られます。
著者のユーモアセンスに脱帽ですね。

こんな文章を書けるようにしたいですね。
ついでにこんな家族も創りたいです。

終わりに

今回はエブリスタでのおすすめエッセイを3つご紹介いたしました。

書いているのはプロではありませんが、中にはとてつもなくおもしろい作品だったり、自分の好みに非常にマッチする作品があります。
ここに書いた以外にも、カテゴリのランキングから順に試し読みして、自分の好きな作品を見つけてみるのもありかと思います。

みなさんもエブリスタで自分にとって掘り出し物の小説を見つけてみてはいかがでしょうか。

本を読み放題で読みたいならAmazon Unlimitedへの登録がおすすめです。
Amazon Unlimitedに登録するとAmazon Unlimited対象の本が月額なんと1000円以下で読めちゃいます。
Amazon Unlimitedは下記のリンクから登録できます。
最初の30日間は無料で体験できるのでぜひ試してみてください。
Kindle Unlimitedを無料体験

最後までお読みいただきありがとうございます。
よろしければブログやTwitterでのシェアをお願いいたします。
コメントもお待ちしております。
誤植や勘違いなどございましたらコメント欄にて教えていただけると幸いです。






読書日記

Posted by ちこ