香山 リカ著「うつで困ったときに開く本」読んだ感想★★★☆☆

2019年5月7日

今回は香山 リカ著の「うつで困ったときに開く本 (朝日新書)」を読んだ感想についてご紹介いたします。



1.所感

今のところうつに困ってはいませんが、開いてみました。

私もいつ鬱になるか分かりません。
フリーランスとして金銭的な面では生活は安定していますが、それは心身の健康が保たれている場合です。
もし病気やけがになってしまったら、借金生活に突入してしまいます。
心身の健康を維持するためにも、医学的な知識も集めたいです。

私は仕事するのが好きですが、どうやら仕事をするのが好きな人間でも鬱になってしまうようですね。
やはり仕事においてうつになる場合と言えば、人間関係に尽きると思います。

こういうのもなんですが、IT業界にいる人たちはコミュ障が多いです。
コミュ障も人に害を与えないタイプなら良いのですが、特にプライド高い方は要注意ですね。

プライド高い方が上司だと、際限なく偉そうに振舞われます。
上司としての威厳をはき違えている方です。
意外ですが、主に大企業とかに多いらしいですね。
大企業だと良い意味でも悪い意味でも年功序列なため、多少性格が悪くても容易に出世して人の上に立つことになります。

そういうプライドが高い方ってどういう精神構造をしているのでしょうか。
自分の自尊心が一時的に満たされるだけで、長い目で見ればお互いに害を与えることになります。
少し想像力を働かせればそのような人に迷惑をかけることはないと思うのですが、ギャンブル依存症のようなものでしょうか。
目の前のことしか見えず、先のことを見ようとしません。

私の場合いくらか淡白すぎるところがありますが、先を見据えてその場に合った得られるメリットを定量化した場合の期待値が高い選択をするように常に意識しています。
まぁこれが一般的に当てはまる正解かどうかは分かりません。
私が私である上で、正解だと思っています。

2.終わりに

今回は香山 リカ著の「うつで困ったときに開く本 (朝日新書)」についての書評を書かせていただきました。

やはりどんなに頑張っても他人を変えるのは難しいと思います。
例えば、鬱の友達にどんなことがしてあげられるでしょうか。
いろいろな手を尽くしたとしても、鬱が良くなるどころか逆効果になってしまうこともあると思います。
それだけでなく、自分も友達につられて鬱になってしまうことも考えられますね。

この点についてはまた改めて深く考えなければならないと思っています。
答えが見つかれば良いのですが。

おすすめ度
★★★☆☆

本を読み放題で読みたいならAmazon Unlimitedへの登録がおすすめです。
Amazon Unlimitedに登録するとAmazon Unlimited対象の本が月額なんと1000円以下で読めちゃいます。
Amazon Unlimitedは下記のリンクから登録できます。
最初の30日間は無料で体験できるのでぜひ試してみてください。
Kindle Unlimitedを無料体験

最後までお読みいただきありがとうございます。
よろしければブログやTwitterでのシェアをお願いいたします。
コメントもお待ちしております。






医学

Posted by ちこ