「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説 読んだ感想 @ITサイト

2019年1月26日

今回は@ITというサイトの「「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説」というカテゴリの記事を読んだ感想についてご紹介いたします。

「「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説」最新記事一覧



1.所感

IIの業務においてももちろん法律が大事です。
当然のことながら法律をしっかり遵守する必要があります。

最近では任天堂とコロプラが特許紛争を起こしていますね。
任天堂の法務部は最強らしいですね。
株価もポケモンGOをリリースしてからイケイケです。
任天堂を敵に回したくないですね。

私は大学も情報系を専攻していましたが、著作権についての単位が必須だった記憶があります。
ITと聞いて思い浮かぶ法律についての知識はやっぱり著作権でしょうか。

ITについては著作権等の知識もないといけません。
税管理もしなければならない上に法律についての業務もしっかり管理しないといけないのです。
起業を目指す私としては前途多難ですね。自信がなくなってきました。

この「「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説」というカテゴリの記事は、事例問題を含めてITにおいて気をつけなければならないことについて述べています。
事例も交えて説明してくれるので、非常に頭に残りやすいです。

一番有名な事例についてはジェイコム株大量誤発注事件でしょうか。
「61万円1株売り」とすべき注文を「1円61万株売り」でご発注したあの事件です。
投資に興味にある私にとっては非常に興味深い事件でした。
バグによって取り消し注文ができなかったらしいですね。
ささいなバグが大事になってしまうことを知りました。
品質管理はしっかりしてプログラムを制作していきたいですね。

件のコロプラの話に戻りますが、コロプラのように一世を風靡する成長を遂げた会社でも特許問題で絶望的な危機に立たされてしまいます。
この場合どうしたら良いんでしょうかね。任天堂法務部に勝てるとは思えません。
特許について気を付ける以外に何か打つべき対策があったのでしょうか。
私にはほとんど事故のようなものに思えます。

起業する前に特許問題をはじめ、まだまだ考えるべきことが多そうです。
こんなに成長しきってから大問題が起きるなんて悲劇的すぎます。
結婚して奥さんと子供に逃げられるようなものです。
個人的にはそちらについても考えておきたいですね。
結婚するの怖いです。

2.終わりに

今回は@ITというサイトの「「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説」というカテゴリの記事を読んだ感想についてお伝えいたしました。

もはやこの「サイト閲覧」のカテゴリ、誰得だよみたいな雰囲気がありますがめげずに書いていきます。
サイトの記事は書いている方が楽しく書くのも重要ですね。
どうせならプレッシャーを感じながら書いていたり、完全に収益のみを目的をするよりは良いのではないでしょうか。

まぁ何が当たるか分かりません。
散弾銃のように記事をぶっ放していきましょう。

最後までお読みいただきありがとうございます。
よろしければブログやTwitterでのシェアをお願いいたします。
コメントもお待ちしております。






IT

Posted by ちこ