「SHA-1」「SHA-256」「SHA-512」のそれぞれの読み方(発音)とは?

今回は暗号学的ハッシュ関数である「SHA-1」「SHA-256」「SHA-512」のそれぞれの読み方についてご紹介いたします。



「SHA-1」「SHA-256」「SHA-512」のそれぞれの読み方(発音)とは?

「SHA-1」「SHA-256」「SHA-512」のそれぞれの読み方(発音)とは?

結論から言うとまず「SHA-1」は「シャーワン」と読みます。
これは日本語と海外の両方でこの読み方をします。

「SHA-256」に関しては、日本人は「シャーニヒャクゴジュウロク」「シャーニゴロ」と読む方が多いでしょう。
一方で海外の方は「SHA-256」を「200」の部分を「トゥー」と読んで「シャートゥーフィフティーシックス」と発音しております。

「SHA-512」に関しては、日本人はそのまま「シャーゴヒャクジュウニ」と読んでいる方が多いです。
一方で海外の方は「SHA-512」を「SHA-256」と同じように「500」の部分を「ファイブ」と発音して「シャーファイブトゥウェルブ」と読んでいます。

なかなか癖のある読み方をしていると思いますが、覚えておきましょう。

終わりに

今回は暗号学的ハッシュ関数である「SHA-1」「SHA-256」「SHA-512」のそれぞれの読み方についてご紹介いたしました。

最後までお読みいただきありがとうございます。
よろしければブログやTwitterでのシェアをお願いしております。
コメントもお待ちしております。
誤植や勘違いなどございましたらコメント欄にて教えていただけると幸いです。

Youtubeチャンネル開設いたしました。
チャンネル登録者1000人を目指しているので、良いと思った方はチャンネル登録をお願いしたいです。
https://www.youtube.com/channel/UC219XhmSRxmXltTy6COxSMw






IT用語

Posted by ちこ