「契約書を巻く」というビジネス用語の言葉の意味とは?

今回は「契約書を巻く」というビジネス用語の言葉の意味についてご紹介いたします。



「契約書を巻く」というビジネス用語の言葉の意味とは?

「契約書を巻く」というビジネス用語の言葉の意味とは?

結論を言うと、「契約書を巻く」は「契約を締結する」という意味です。

なぜ契約を締結することを「契約書を巻く」と言うのかというと、「契約書の蒔き直し」から由来しています。
本当は漢字では「契約書を蒔く」と書くはずですが、「蒔く」という漢字に馴染みがないせいか、「契約書を巻く」と誤用されたまま一般的に使われているようです。

「契約書の蒔き直し」は、「一度おこなった契約の内容を変更し、改めて契約を締結する」という意味ですが、「蒔き直し」は再度契約を締結することで、蒔き直しがない=やり直すことがなく契約を締結することから、「契約書を蒔く」という表現が生まれたものと推測できます。

今ではあまり馴染みのない言葉ですが覚えておきましょう。

終わりに

今回は「契約書を巻く」というビジネス用語の言葉の意味についてご紹介いたしました。

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログやTwitterでのシェアOKです。
コメントもお待ちしております。
誤植や勘違いなどございましたらコメント欄にて教えていただけると幸いです。

Youtubeチャンネル開設いたしました。
よろしければチャンネル登録お願いいたします。
https://www.youtube.com/channel/UC219XhmSRxmXltTy6COxSMw






言葉の意味

Posted by ちこ