Pythonの関数(def)でreturnのみ、returnがない場合の返り値について

今回はPythonの関数(def)でreturnのみ、returnがない場合の返り値はどのような値になるのかについて調べてみました。



Pythonの関数(def)でreturnのみ、returnがない場合の返り値について

Pythonについて、次のコードを用意しました。

test1の関数はreturnはあるものの何も指定しておらず、test2の関数はreturnすらありません。

上記の関数の実行結果はどうなるかというと、下記の通りです。

test1、test2の関数どちらもNoneが返ってきますね。

何も返り値を返したくない場合は、returnを書いて何も指定しないか、そもそもreturnを書かないかの選択肢がありそうです。
コーディング規約に則ればなんでも良さそうですね。

終わりに

今回はPythonの関数(def)でreturnのみ、returnがない場合の返り値はどのような値になるのかについての調査結果をまとめました。

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログやTwitterでのシェアOKです。
コメントもお待ちしております。
誤植や勘違いなどございましたらコメント欄にて教えていただけると幸いです。






Python

Posted by ちこ