Pythonで現在日時(分、秒を含む)をStringにする方法(一意なファイル名などに使う)

今回は一意なファイル名などに使うため、Pythonで現在日時(分、秒を含む)をStringに変換する方法についてご紹介いたします。



Pythonで現在日時(分、秒を含む)をStringにする方法(一意なファイル名などに使う)

例として、ファイル名を一意とするために下記のようなファイルを作りたいとします。
「testFile_20200723051927」
これは、2020年の7月23日のUTC5時19分27秒に作ったファイルです。

このような命名規則とすれば、一秒単位でファイル名を一意に設定することが可能です。
上記の「20200723051927」の部分ををPythonで実装したい場合は、下記のように書きましょう。

これをうまく使えば、Pythonで一秒単位で一意なString文字列を取得することが可能です。
ぜひお試しください。

終わりに

今回は一意なファイル名などに使うため、Pythonで現在日時(分、秒を含む)をStringに変換する方法についてご紹介いたしました。

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログやTwitterでのシェアOKです。
コメントもお待ちしております。
誤植や勘違いなどございましたらコメント欄にて教えていただけると幸いです。






Python

Posted by ちこ