世界遺産検定4級の難易度や勉強法は?

世界遺産検定を知っているでしょうか。
一部の芸能人が世界遺産検定を取得していたりするので既にご存知の方もいるかもしれません。

世界遺産検定はその名の通り世界遺産についての問題が出題され、世界遺産についての知識や世界遺産を通した国際的な教養が試される試験です。

世界遺産検定の難易度は全部で4級、3級、2級、1級、マイスターの5種類あります。

今回はそんな世界遺産検定の中で一番難易度が低い世界遺産検定4級の難易度や勉強法についてご紹介いたします。



1.世界遺産検定4級とは?

世界遺産検定4級とは?

世界遺産検定4級は世界遺産の見方を知り、日本を中心とする世界の有名な遺産を通して世界の広さを学ぶことを目的としています。
出題範囲は日本の全遺産+世界の有名な遺産32件です。

日本の全遺産と聞くと出題範囲が多いように思えますが、2019年11月現在、日本にある世界遺産は全部で23件です。
日本の世界遺産23件プラス日本以外の世界の遺産32件なので、全部で55件が出題範囲になります。
55件と聞くとまだ対応できる範囲のように思えますね。

公式サイトでも発表されていますが、世界遺産検定4級は高校生以下の合格者が多いです。
公式サイトでは初めて世界遺産検定を受検する場合、高校生以下であれば世界遺産検定4級、大学生・専門学生・社会人以上であれば世界遺産検定3級からの受検をおすすめしています。

よって大学生・専門学生・社会人の方が高校生世界遺産検定を受験する場合は、世界遺産検定4級は飛ばしていきなり世界遺産検定3級を受験しても問題ないかもしれません。
ちなみにですが世界遺産検定の場合は3級、4級の併願もできます。

また、世界遺産検定4級の場合はマークシート形式での出題になります。

試験日
公式サイトを参照(年三回程度)

出願時期
受験日の約4か月弱前~受験の約1か月強前

受験料
3000円(税込み)
3級・4級併願7300円(税込み)(3級は税込み4500円のため200円お得)

試験時間
50分

問題数
50問

合格基準
100点満点中60点以上

合格発表日
各検定日の約1ヶ月強後

2.世界遺産検定4級の難易度は?

世界遺産検定4級の合格率は約90パーセントです。

合格率から分かる通り、そこまで難易度は高くありません。
勉強すれば受かる難易度と言えるでしょう。

覚える世界遺産も50ちょっとと多くないです。
受験料や時間を無駄にしないためにもきっちり勉強して合格していきたいですね。

3.世界遺産検定4級の勉強方法は?

資格勉強は過去問をやることが一番です。
世界遺産検定4級では過去問題集が公式から出版されています。

3級の分とセットになりますが、「世界遺産検定公式過去問題集 3・4級 」で勉強しましょう。(ご紹介しているのは2019年度版の過去問です)

また、過去問題集以外でも公式からテキストが出版されています。
その公式テキストがこの「はじめて学ぶ世界遺産50 世界遺産検定4級公式テキスト<第2版>」になります。

世界遺産検定4級の勉強はこの公式テキストと公式問題集で十分です。

しっかり反復練習を重ねて試験に備えていきたいですね。

4.終わりに

今回は世界遺産検定4級の難易度や勉強法についてご紹介いたしました。

世界遺産検定と聞くと一見そこまで役に立たない資格と思われがちですが、世界遺産を通して教養を身につけることができるほか、世界遺産について話題にすることができます。

世界遺産検定に興味のある方はぜひ受験してみてはいかがでしょうか。

※ご紹介している参考書、問題集のバージョンは執筆当時のものです。
新しいバージョンの参考書、問題集が発行されていないか今一度Amazon等でご確認ください。

私が今までに取得した資格の一覧はこちらになります。
取得済資格一覧

私がおすすめする勉強法はこちらでご紹介してます。
おすすめ勉強法ベスト3

最後までお読みいただきありがとうございます。
よろしければブログやTwitterでのシェアをお願いいたします。
コメントもお待ちしております。
誤植や勘違いなどございましたらコメント欄にて教えていただけると幸いです。






教養

Posted by ちこ