python manage.pyが起動しないときの対処法(ImportError、SyntaxErrorなど)

今回はImportErrorやSyntaxErrorなどが起きてpython manage.pyが起動しないときの対処法についてご紹介いたします。



python manage.pyが起動しないときの対処法(ImportError、SyntaxErrorなど)

バージョンや使うツールによって動作は違うかもしれませんが、python manage.pyを行ってもImportErrorやSyntaxErrorでpython manage.pyが起動しないことがあります。

結論から言うと、python manage.pyが起動しない場合はもちろんmanage.pyのソース自体に問題があることがありますが、Pythonの仮想環境をActivateしていないことを疑った方が良いです。
「source bin/activate」を忘れているだけですね。

「source bin/activate」をせずにpython manage.pyを行ってしまうと、別環境で試してみたところ次の二つのエラーが起きることが分かっております。

ImportErrorやSyntaxErrorと出ていますが、いずれもソースの問題ではなく、「source bin/activate」を行えば正常に動作します。

初歩的なミスになりますが、使い慣れてない環境でDjangoの改修などを行うと忘れることがあるので注意が必要です。

終わりに

今回はImportErrorやSyntaxErrorなどが起きてpython manage.pyが起動しないときの対処法についてご紹介いたしました。

最後までお読みいただきありがとうございます。
よろしければブログやTwitterでのシェアをお願いいたします。
コメントもお待ちしております。
誤植や勘違いなどございましたらコメント欄にて教えていただけると幸いです。






Django

Posted by ちこ