GitHubに中身が空のファイルをコミットすると言語比率として認識されるのか

最近GitHubでいろいろ実験するのにハマっています。

今回はGitHubのレポジトリに中身が空のファイルをコミットすると言語ファイルとして認識されるのかについて実証してみました。



GitHubに中身が空のファイルをコミットすると言語比率として認識されるのか

GitHubのレポジトリに何かファイルをコミットすると言語比率が一番高い言語がレポジトリのリストに表示されますよね。

こんな風に。

(例はchanging-seats-horoscopeです。
ちなみにこちらの記事でレポジトリの内容について紹介しております。よろしかったらぜひ。
席替え占いシミュレーション

テキストファイルのみのレポジトリなど、コミットされたファイルに一つもGitHub対応の言語がない場合はこのように何も表示されません。

どうやらGitHubでは言語比率を割り出す機能やレポジトリに格納されている主な言語をリストに表示する機能がありますが、コミットされたファイルの拡張子で言語比率を割り出したりレポジトリに格納されている主な言語をリストに表示しているようです。

そこで気になりました。
拡張子がGitHub対応の言語で中身が空のファイルはGitHub上でどう認識されるのか、と。

中身が空のファイルはGitHubでは認識されない

結論として、GitHub対象の言語を表す拡張子がついているファイルが中身が空の場合は、言語比率を割り出したりレポジトリに格納されている主な言語をリストに表示する機能の対象にはなりません。

例として中身が空である「blank.py」というファイルを作ってみます。
「github-test3」というレポジトリを作り、中身が空である「blank.py」というファイルをコミットしてみました。

するとレポジトリのリストには何も表示されませんでした。
言語比率にも何も表示はありません。

実証してみた結果として、GitHub対象の言語を表す拡張子がついているファイルをコミットしたとしても、中身が空の場合は言語比率を割り出したりレポジトリに格納されている主な言語をリストに表示するための対象として認識されないようです。

共有するほどでもないですが、レポジトリの場所を念のため貼っておきます。
github-test3

終わりに

今回はGitHubのレポジトリに中身が空のファイルをコミットすると言語比率を割り出したりレポジトリに格納されている主な言語をリストに表示するための対象として認識されるのかについて実証してみました。

最後までお読みいただきありがとうございます。
よろしければブログやTwitterでのシェアをお願いいたします。
コメントもお待ちしております。
誤植や勘違いなどございましたらコメント欄にて教えていただけると幸いです。






GitHub

Posted by ちこ