二度寝の影響とは?実はメリットも多かった!!

2019年1月26日

みなさんは二度寝してしまうことはありますか?

二度寝って気持ちいいですよね。
特に冬は布団から出たくないです。

私は朝早く起きたとしても、家を出なければいけない時間から逆算してぎりぎりの時間まで二度寝してしまうことが多々あります。

二度寝して遅刻してはいけませんが、実は二度寝にはメリットが多いのです。

今回は二度寝の効果についてご紹介いたします。



1.そもそもなぜ二度寝してしまうの?

二度寝をしてしまう原因は二つあります。

一つは、単純に睡眠時間が足りていないせいです。

普段の睡眠時間が十分とれていないと、疲労が日々蓄積されていくので、一回でなかなか起きれなくなります。

無理やり起きたとしても、体が悲鳴を上げて、体調不良になってしまうので、その場合は大人しく睡眠時間を長くするか、あきらめて二度寝した方が良いでしょう。

また、原因として疲労が溜まっているせいも有り得ます。

普段の睡眠が十分でも、普段より体を使っていたり、ストレスをためすぎて精神的に疲れてしまっている場合は、うまく起きれなくなります。

昔何かの本で読みましたが、朝起きれないのは人生を楽しく過ごせていないからだという意見がありました。
毎日が楽しければ、今日は何をしようかとわくわくしながら一発で起きることができます。

なかなか真理をついてるなと思いました。

2.二度寝のメリットとは?

二度寝をしたとき、コルチゾールと呼ばれるホルモンが大量に分泌されます。

このコルチゾールは別名で「幸せホルモン」と呼ばれ、ストレスに対する抵抗力を上げることができるのです。

さらに、二度寝をしたときの心地良さは、ストレスを解消する効果があり、うつを予防してくれます。

二度寝をすることで睡眠時間を足すこともできるのでいいですね。

3.二度寝するときの注意点とは?

ただし、あまりにも長時間二度寝すると体内時計が狂ってしまう原因となります。

二度寝しすぎるといつの間にか出発時間を過ぎており、予定に遅刻してしまうということもあるかもしれません。

二度寝するときは5分から10分ぐらいの短時間が良いと言われています。

試してみると、短時間の二度寝でも十分スッキリするはずです。

一度起きたときにカーテンを開けて朝の光を浴びたり、目覚まし時計を10分後に改めてセットするなどして、二度寝するときは長時間寝すぎることを防ぎましょう。

4.終わりに

今回は二度寝による効果をまとめました。

二度寝したときは夢を見やすいです。

本筋とは関係ないですが、私は二度寝したとき、朝きちんと起きる夢を見ました。
起きれたことに安心してそのまま朝の準備をしていたら実は夢で、本当に起きたときには出発時刻ぎりぎりで萎えたということがあります。

しかも1回じゃなく数回あります。なんなんですかねあれ。
それ以来10分ごとぐらいでアラームを数個セッティングしてます。

みなさんも二度寝するときは時間に十分注意して予定に遅れないようにしましょう。

最後までお読みいただきありがとうございます。
よろしければブログやTwitterでのシェアをお願いいたします。
コメントもお待ちしております。






睡眠

Posted by ちこ