docker-compose upでコンテナを生成するごとにpip installすることを避けたい

今回はdocker-compose upでコンテナを生成するごとにpip installすることを避けたいときどうすれば良いのかについてご紹介していこうと思います。

状況が伝わりづらいので、ほぼ備忘録のような形です。



docker-compose upでコンテナを生成するごとにpip installすることを避けたい

例えば、Pythonの環境を作るときに毎回docker-compose upをしたあとにコンテナの中に入り(あるいはcommandで指定したときに)、毎回pip installするのは手間がかかります。

できれば、Dockerのimageを作成した際にpip installを済ませておきたいですね。

そういった時は、Dockerfile上でpip installを指定してあげましょう。

例として/server/直下にあるrequirements.txtを元にpip installしたい場合は、次のように書くことになります。

これで毎回docker-compose upでコンテナを立ち上げるごとにpip installすることはなくなります。

終わりに

今回はdocker-compose upでコンテナを生成するごとにpip installすることを避けたいときどうすれば良いのかについてご紹介いたしました。

最後までお読みいただきありがとうございます。
よろしければブログやTwitterでのシェアをお願いしております。
コメントもお待ちしております。
誤植や勘違いなどございましたらコメント欄にて教えていただけると幸いです。

直接契約ができるフリーランスエージェント「エンハンス」を立ち上げました。
詳しくは下記LPをご参照ください。
https://enhance.decryption.co.jp/

Youtubeチャンネル開設いたしました。
チャンネル登録者1000人を目指しているので、良いと思った方はチャンネル登録をお願いしたいです。
https://www.youtube.com/channel/UC219XhmSRxmXltTy6COxSMw






Docker

Posted by ちこ