ddコマンドの「dd」という言葉の読み方(発音)とは?何の略?

今回はLinuxなどで使われるddコマンドの「dd」という言葉の読み方や何の略なのかについてご紹介いたします。



ddコマンドの「dd」という言葉の読み方(発音)とは?何の略?

ddコマンドの「dd」という言葉の読み方(発音)とは?何の略?

結論から言うとddコマンドの「dd」はそのままアルファベットで「ディーディー」と発音します。

ddコマンドは入力側に指定したファイルからの入力を、ファイルもしくは標準出力に送るコマンドとなります。

ddコマンドの「dd」の略について、「ddコマンドはcopy and convertの意味なのに先にCコンパイラにccを取られたからddにした」という噂がありましたが、これは開発者本人が否定しているようです。

ddコマンドの由来については様々な言説、解釈があるようですが、英語版のwikipediaには2023年9月現在、「data descriptionの略」と書かれております。
「description」というのは「記述」「描写」という意味であり、正確な略は開発者のみ知るのかもしれませんが(もしかしたら複数の意味を込めて「dd」としたのかもしれません)この略も正しそうです。

終わりに

今回はLinuxなどで使われるddコマンドの「dd」という言葉の読み方や何の略なのかについてご紹介いたしました。

最後までお読みいただきありがとうございます。
よろしければブログやTwitterでのシェアをお願いしております。
コメントもお待ちしております。
誤植や勘違いなどございましたらコメント欄にて教えていただけると幸いです。

Youtubeチャンネル開設いたしました。
チャンネル登録者1000人を目指しているので、良いと思った方はチャンネル登録をお願いしたいです。
https://www.youtube.com/channel/UC219XhmSRxmXltTy6COxSMw






IT用語

Posted by ちこ