拡張現実を表す「AR」という言葉の読み方(発音)とは?

今回は日本語訳で拡張現実を表す「AR」という言葉の読み方についてご紹介いたします。



拡張現実を表す「AR」という言葉の読み方(発音)とは?

拡張現実を表す「AR」という言葉の読み方(発音)とは?

結論から言うと「AR」はアルファベットをそのまま読んで「エーアール」と発音します。

「AR」は「Augmented Reality」の略で、日本語で言うと「拡張現実」という意味になります。

「AR」は「拡張現実」という意味の通り、画像や空間、位置で現実世界の情報を読み取り、仮想的に拡張する技術のことを言います。

ARの例としては、「ポケモンGO」やカメラアプリの「SNOW」などが例になります。

「VR」や「MR」と共に覚えておきましょう。
仮想現実を表す「VR」という言葉の読み方(発音)とは?
複合現実を表す「MR」という言葉の読み方(発音)とは?

終わりに

今回は日本語訳で拡張現実を表す「AR」という言葉の読み方についてご紹介いたしました。

最後までお読みいただきありがとうございます。
よろしければブログやTwitterでのシェアをお願いしております。
コメントもお待ちしております。
誤植や勘違いなどございましたらコメント欄にて教えていただけると幸いです。

Youtubeチャンネル開設いたしました。
チャンネル登録者1000人を目指しているので、良いと思った方はチャンネル登録をお願いしたいです。
https://www.youtube.com/channel/UC219XhmSRxmXltTy6COxSMw






IT用語

Posted by ちこ