「サバティカルタイム」という言葉の意味とは?

今回は「サバティカルタイム」という言葉の意味についてご紹介いたします。



「サバティカルタイム」という言葉の意味とは?

「サバティカルタイム」という言葉の意味とは?

結論から言うと「サバティカルタイム」というのは「用途を決めない休暇」のことです。

尾石晴さんの著書である
「「40歳の壁」をスルッと越える人生戦略 【 ”マイキャリア” の整理に使える2つのワークシートDL特典付き】 <3つの要素棚卸し> & <重ね合わせ発見>」
「サバティカルタイム 「40歳の壁」を越える戦略的休暇のすすめ: 〜FIREではなく働き続ける生き方〜」
などでこの「サバティカルタイム」が登場します。

「サバティカルタイム」は「サバティカル」と「タイム」が組み合わさった言葉ですが、「サバティカル」というのは英語で「sabbatical」で、「〔特に大学教授に与えられる〕サバティカルリーブ、長期有給休暇、特別研究期間」のことです。

「サバティカル」な「タイム」を意図的に設けることによって、特に40代になってから自分のやりたいことやこれからのキャリアや結婚、自分の人生について見つめ直す期間を設けた方が良いとされております。

とはいえ、あくまで私の意見ですが家計を大きく担っている方にとっては、サバティカルタイムを取る暇はないのではないかとも思っています。
私がそのとき独身だったらサバティカルタイムをとってみても良いかもしれませんね。

終わりに

今回は「サバティカルタイム」という言葉の意味についてご紹介いたしました。

最後までお読みいただきありがとうございます。
よろしければブログやTwitterでのシェアをお願いしております。
コメントもお待ちしております。
誤植や勘違いなどございましたらコメント欄にて教えていただけると幸いです。

Youtubeチャンネル開設いたしました。
チャンネル登録者1000人を目指しているので、良いと思った方はチャンネル登録をお願いしたいです。
https://www.youtube.com/channel/UC219XhmSRxmXltTy6COxSMw






言葉の意味

Posted by ちこ