法人の「会社謄本」とは?「履歴事項全部証明書」のこと!

今回は法人の「会社謄本」とは何かについてご紹介いたします。



法人の「会社謄本」とは?「履歴事項全部証明書」のこと!

法人の「会社謄本」とは?「履歴事項全部証明書」のこと!

タイトルにある通り、法人の「会社謄本」とは「履歴事項全部証明書」のことです。

「会社謄本」は略さずに言うと「登記簿謄本」になりますが、現在ではもう「登記簿謄本」というものは取得することができません。

昔は「履歴事項全部証明書」というのはなく、「登記簿謄本」のみが存在しておりていました。
「登記簿謄本」は登記記録の内容が記載してある書類のことで、商号や本店所在地、会社の設立年月日などの登記記録が登記簿謄本に記載してありました。

しかしコンピューターで登記記録が管理されるようになってから、現在では登記記録をコンピューターで引っ張ってきて「履歴事項全部証明書」という形で取得できるようになったそうです。

すなわち、「法人の会社謄本が必要」と言われたら「履歴事項全部証明書」を提出するようにしましょう。

終わりに

今回は法人の「会社謄本」とは何かについてご紹介いたしました。

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログやTwitterでのシェアOKです。
コメントもお待ちしております。
誤植や勘違いなどございましたらコメント欄にて教えていただけると幸いです。

Youtubeチャンネル開設いたしました。
よろしければチャンネル登録お願いいたします。
https://www.youtube.com/channel/UC219XhmSRxmXltTy6COxSMw






ビジネス

Posted by ちこ